寝てるだけで痩せる?驚異のオーバーナイトダイエットの効果に迫る!その方法や意味とは?

寝てるだけで痩せる?驚異のオーバーナイトダイエットの効果に迫る!その方法や意味とは?

簡単に痩せたいですよね!

オーバーナイトダイエットは週に1日スムージーだけの日を作って毎日8時間眠れば痩せられるという夢のようなダイエット方法です。

やってみるまではハードそうに見えますが、実は健康的に痩せられる体にも優しい方法でした。本当にそれだけで痩せられるのか、その仕組みや効果、体に優しい理由や実際に取り組む方法などをまとめました。

寝ている間に痩せられたら良いのに…

日々、ダイエットに励んでいる方ならきっと、「ああ、この寝ている間に勝手に痩せていってくれたら良いのに…」と一度は思ったことがあるでしょう。本当に、寝ているだけで痩せられるなんて、夢のようだと思います。

でも実際に、そんな方法があるのです。それは、オーバーナイトダイエットです。

オーバーナイトダイエットとは、アメリカのボストンにあるトップクラスの病院、「ストン・メディカル・センター」で栄養管理、体重管理を担当する医師のCaroline Apovianさんによって考えられたダイエットです。

肥満大国と言われるアメリカで、本当に減量をしないと命に危険がある方、健康的に痩せたい方、1,000人以上の方の体重を落としてきた実績があるダイエットです。

基本的には運動は必要なし。食事は7日間のうち1日だけ頑張れば、あとは基本的に好きなものと食べて良いとされています。

絶対に守らなければいけないルールはただ、毎日8時間しっかり眠ること。こんなルールで本当に痩せられるの?と疑いたくなるほど簡単なルールのダイエットなので、もしかしたら夢のダイエットになるかもしれません。

基本的なオーバーナイトダイエットのやり方

オーバーナイトダイエットは、運動の必要もなく、毎日必死で食事制限を行う必要もありません。週に1日頑張って、あとはきちんと食べてたっぷり眠ることがポイントです。具体的にはこんなルールが定められています。

・1週間のはじめの日に取る食事、朝・昼・晩の3食をスムージーにする
・残りの6日間は高タンパクの食事を取る。食べ過ぎに注意すれば好きなものでOK
・毎日必ず8時間は眠るようにする
・運動は特に必要なし
・水をたくさん飲むようにする。コーヒーやお茶でも問題なし

1日3食をスムージーにする曜日は固定にして基本的に変えないようにします。この日と決めた日は必ずスムージーだけで過ごすこと。

これによって胃腸を休めて脂肪を燃焼しやすい環境を整えていくようです。その上できちんと8時間眠ることができれば、で1晩で0.9g痩せられると考えられています。

オーバーナイトダイエットの意味は、この1晩で眠っている間に痩せられるところからきています。ルールを守れば眠っている間に痩せられる、お手軽なダイエットなのです。

オーバーナイトダイエットで痩せる仕組み

こんな方法で本当に痩せられるの?ととても疑問に思う方もいるでしょう。この方法でダイエット成功できると考えられる理由は、成長ホルモンと筋肉量が関係しています。

■きちんと睡眠を取ることで成長ホルモンの分泌を促進

睡眠とダイエットは関係ないように見えますが実は大いに関係があります。そのカギとなるのが成長ホルモンです。実は成長ホルモンは体の代謝を促して痩せやすい体質を作る一面を持っています。

成長ホルモンの分泌量は、質の高い睡眠を十分にとっているかどうかで変わります。分泌されやすい時間帯に眠っていないと当然分泌量は減ります。
すると代謝が落ちていくら頑張っても痩せにくい状態になるのです。これを防ぐために8時間しっかり眠ることが推奨されているというわけです。

■たんぱく質をしっかり摂ることで筋肉量をキープする

効率よく痩せられるかどうかのもう1つの大切なポイントは筋肉量です。もう既に広く知られている通り、筋肉が落ちてしまうと体の基礎代謝も落ちて脂肪が燃焼しにくくなります。頑張っても効果が出なかったり、リバウンドをしたりする原因になるのです。

このオーバーナイトダイエットでは、この筋肉量を落とさないことにも着目されています。高タンパクな食事を続けることで、週に1回少しオーバーな食事制限をしても筋肉量を落とすことなく、代謝はそのままで摂取カロリーを減らすことが実現できるのです。

オーバーナイトダイエットを選ぶメリットは?

オーバーナイトダイエットはただ痩せられるだけのダイエットではありません。効率よく痩せられるだけでなく、それ以外のメリットも期待できます。

■お腹周りや下半身太りのスタイルアップに良いとされている

まず、このオーバーナイトダイエット方式で食事をすると、肥満ホルモンとも呼ばれるインスリンの過剰分泌を抑えることができます。その理由は、炭水化物や糖分などの代わりに、スムージーに含まれるフルーツで糖を補給する機会が増えるからです。

インスリン値が高まると、体脂肪が増えてお腹周りや下半身についてしまうものですが、フルーツ類に含まれる糖分は、インスリンを分泌させません。上手にダイエットを成功させることができれば、それだけでお腹周りのすっきりも目指せます。

■しっかり眠るので美肌や健康的な生活にも良い

成長ホルモンの分泌を増やすために1日8時間眠ることをルールにしているオーバーナイトダイエットなら、美肌やプチトラブルの解消にも役立ちます。それは、もちろん成長ホルモンのおかげです。

成長ホルモンは脂肪の燃焼を促進させるばかりでなく、傷ついた細胞を修復したり組織の成長を促したり、体を代謝して古くなった細胞を追い出したりすることができます。

そのため、ニキビや肌荒れを予防し、生活習慣病の予防や骨を強くするなどの効果も期待できるでしょう。

スムージーを作る基本的なルール

オーバーナイトダイエットで作るスムージーは基本的に自分の好きなレシピを使っても問題ありませんが、いくつか守ると効果を高められるルールが設定されています。

・必ず無脂肪のヨーグルト250gかプロテインパウダーを30g入れること
・牛乳や豆乳は使わない。使うならスキムミルクかココナッツウォーター(120ml)
・ココナッツミルクか100%無糖ジュースでも可能(それぞれ50ml)
・野菜は3種類まで、フルーツは2種類までに制限すること

味に飽きてきたら、チョコレートシロップやコーヒーシロップ、ガムシロップやココアパウダー、シナモンなどのスパイスを少しだけ使うのもOKとのこと。

なかなか家庭にないものなので、守らなければいけないルールとしてダイエット開始前に自宅に必要なものを揃えておくと安心です。

組み合わせにルールはないので、週に1度はスムージーの自分好みのレシピをどんどん見つける日として楽しめると良いでしょう。

スムージーに入れたい食材、避けたい食材

より効果を求めるなら、これらの野菜や果物を含めていくと良いです。ただこれは厳密に守らなくてはいけないルールというわけではありません。基本的には旬の野菜や果物をたくさん使って、美味しさ優先で作っていきましょう。

ただ、週に1度のことですが同じ野菜と果物の組み合わせで作るのはおすすめできません。野菜や果物独自の毒素を過剰に摂ってしまうのを防ぐためです。1日でできるだけたくさんの種類の野菜や果物を取れるように工夫してみてください。

■積極的に入れたい野菜

ルッコラ・トマト・セロリ・小松菜・チンゲン菜・ブロッコリー・パプリカ・モロヘイヤ・春菊・青じそ・バジル・パセリ・サニーレタスなど

■積極的に入れたい果物

リンゴ・バナナ・オレンジ・パイナップル・桃・みかん・梨・いちご・ラズベリー・ブルーベリー・マンゴー・いちじく・ぶどう・グレープフルーツ・アボガドなど

嫌いな野菜を無理して使ったりする必要はありません。でも、スパイスを上手に組み合わせることで苦手だった野菜も使えるようになることもあります。せっかくなら、むやみに避けようとせずできるだけ挑戦してみると良いと思います。

オーバーナイトダイエットをする上で注意すること

このダイエットを実践していく上で大切なのは、やはりどう睡眠を取るかです。ただ好きなように好きなだけ眠れば良いというわけではありません。睡眠の質を高めて成長ホルモンを分泌させやすくするために工夫していくのがおすすめです。

■ 22時から2時の間はゴールデンタイム

昔からよく言われている通り、成長ホルモンの分泌を促すには22時から2時までの睡眠が大切です。22時なんて早過ぎると思われるかもしれません。でも、この時間に眠っているのといないのとでは本当に差が出ます。

眠ってみると体の疲れ方や起きた時の体の軽さなど、自分の体から起こる反応が確かに違う!と感じられるでしょう。やはりホルモン分泌は確かにこの時間を中心に行われているようです。

■体を温めて、できるだけ規則正しいリズムで

ただ眠っていても睡眠の質が悪いと意味がありません。睡眠の質を高めるポイントは、毎日規則正しいリズムで眠るようにすることと、体を冷やさないようにすること、できれば日中に太陽を浴びて軽い運動をすることです。

このダイエットは運動は不要ですが、何もしないよりは少しはした方が筋肉量も増えるしメリットも多いです。適度な疲れは深い睡眠の促進剤です。無理のない範囲で体も動かすようにすると良いでしょう。

オーバーナイトダイエットの効果を高めるコツ

さらに効果を高めて加速させたいと思った時は、もう少し厳しいルールに移行してみましょう。そうは言っても、極端に食事を減らし、独自に厳しく締め付けるわけではありません。より健康的に痩せられるように、無理のない負荷をかけるようなイメージです。

・週に1日のスムージーだけの日を週に2日にしてみる
・週に2〜3回ほど気持ち良いと感じられる運動を追加してみる
・6日間の食事の中で毎日1食だけ炭水化物を抜いてみる
・高タンパクの食材を見直してみる
・21時頃に眠るような生活にシフトして、朝活も実践してみる

特に追加すると加速度が高そうなのは、軽い運動と高タンパクの食事の見直しです。高タンパクな食材にはこんなものが含まれます。

■高タンパクな食材の例

豚ヒレ肉・豚もも肉・牛ヒレ肉・鶏のささみ・ヨーグルト・チーズ・サケ・マグロ(赤身)・サバ・カツオ・タラ・貝類・豆腐・納豆・卵

どれかに偏り過ぎたり、全然摂れていないものはないでしょうか?たんぱく質を摂ろうとして脂肪分を摂り過ぎてしまっていたということもよく起こりがちです。そんな状況に当てはまらないか、改めて確認する機会を作りましょう。

また、この機会に朝活を実践してみるのもとても良い方法です。朝の時間を運動に当てれば効率も良く、気持ちの良いリフレッシュができるでしょう。

これで本当に寝ながら痩せられる?効果はどう?

このダイエットが登場した時は、1週間に4kgも痩せられる!という口コミも出ていて、とても効果的な短期集中ダイエットと捉えられることも多かったです。でも実際にそれだけ痩せられるかと言うと、当然個人差があります。

1週間に4キロ痩せたという人ももともと体重が80kg近くある女性でした。それだけの体重だったからこそ目に見えて大きな効果が得られたとも考えられます。あまり過信し過ぎないようにしましょう。

でも、このオーバーナイトダイエットは見方を変えると、週に1度のプチ断食ダイエットです。食べ過ぎや飲み過ぎで飽和している状況の場合、プチ断食はダイエット効果以上に体への健康効果が大きく期待できます。

プチ断食によって普段働き過ぎている胃腸をゆっくり休めて、正常な働きに戻せるように働きかけることができるのです。

無理なダイエットをしたり暴飲暴食したり、なかなか体のために優しい生活ができていなかったという方こそ、このダイエットを実践してみたらダイエット効果はもちろん、体調にも変化が見られそうです。

もちろん個人差は大きなものですが、目標体重を達成できても健康のために続けても良いダイエット方法かもしれません。

まとめ

オーバーナイトダイエットは、一見ハードなダイエットのように見えますが、実は毎日の健康のために積極的に行っても良いくらい体に優しいダイエットです。
日々健康的な生活ができていないなあと反省することが多い方や、無理なダイエットや不規則な生活で体がボロボロになっている方ほどおすすめの方法です。慣れるまで大変かもしれませんが、ぜひ実践してみてくださいね。

関連記事