力を入れる必要なし!ごぼうの皮のむき方

力を入れる必要なし!ごぼうの皮のむき方

食物繊維が豊富な根菜・ごぼう。しかも、ごぼうに含まれる食物繊維は特に水分吸収率が高く、腸内環境を整えてくれるんです。積極的に料理に使いたいごぼうですが、皮のむき方がよくわからないという方も多いのでは? 「むきすぎてしまう」「どこまでむけばいいかわからない」などごぼうの皮のむくときのお悩みを、和食が得意な料理研究家・高橋善郎さんに教えていただきました♪

 

ごぼうの皮と身の間には香りや旨味がたっぷり!

体の中からキレイになりたい女性の強い味方・ごぼうの旬は11月〜2月。新ごぼう、夏ごぼうと呼ばれるのは、初夏に収穫された若獲りのごぼうです。

ごぼうの皮をむく時の悩むのが、「どこまでむけばいいか分からない!」「力を入れてむきすぎて、食べる部分が少なくなってしまった…」ということ。ところが“ごぼうの皮は完全にとらなくてもおいしく食べられる”そうです!びっくりですよね。

高橋さん曰く、ごぼうは皮と身の間に香りや旨味が詰まっているので、完全にむいてしまうのはもったいないのだそう。ピクルスのようにそのまま漬けて食べるようなメニューは完全にむいたほうがよいですが、煮たり焼いたりするメニューなら問題ありません。

では、どんなふうにむいていけばいいのか、2つの方法を見て行きましょう。

 

[方法1]たわしで軽くこする

使うのは一般的に“亀の子たわし”と呼ばれている茶色いたわし。キレイなものを用意します。もしなければキレイな硬めの歯ブラシでもOK。毎回、新しいものを使うのは大変なので、「ごぼう用たわし」を用意しておくとよいかもしれませんね。

たわしでごぼうの皮を軽くなでるようにしてこすれば、皮がポロポロと落ちます。ポイントは“軽く”こすること。力を入れると、皮を落としすぎてしまいます。

 

[方法2]包丁の刃で軽くこそげ取る

包丁を使う時は、包丁の刃をごぼうに垂直に当てて、こそげ取ります。たわしの時同様、こちらも力は入れずに軽く! 包丁の背を使ってもできますが、派の部分の方が力を入れることなく、むけるはずです。

たわし、包丁ともに、身の白い部分が少し見えてきたら、むく部分を移動させて皮を落としていきましょう。

 

完全に皮をむかなくても、茶色い部分が残っている程度でOK

写真を見ても分かるように、少し茶色い部分が残っている程度で皮むきは終了。こんなに手軽なら、ごぼうを料理に使う機会も増えそうですね♪

ここで紹介したのは、表面の泥を落としてから売られている洗いごぼうです。土や泥が付いたままの土ごぼう、泥付きごぼうの場合は、もう少し力を入れて落とします。どちらにしても“むきすぎない”を心がけましょう。新ごぼうのは皮も身も柔らかいので、そのまま使うのがおすすめですよ。

 

この記事の監修

料理研究家 高橋善郎
https://oceans-nadia.com/user/11937

写真:吉田朱里 文:伊ケ崎 加寿江

関連記事