どうしても解消したい!二重顎の原因と解消法を一挙ご紹介!

どうしても解消したい!二重顎の原因と解消法を一挙ご紹介!

二重顎を解消できる方法があるの?

太っている人はだいたいフェイスラインが二重で、特に顎の部分のたるみがとても気になりますよね。この状態を二重顎といいます。

二重顎になる理由は本当に様々ですが、どれも顔が老けて見えたり、太って見えたりといいことはありません。

そんな二重顎の原因は、肥満やむくみなどいろいろな原因があります。また、それによって対策も違うもの。ここでは、そんな二重顎の原因と対策を紹介します。

二重顎って何?その状態はどうなっているの?

二重顎とは、顎の下に余計なたるみやシワができて顔が大きく見えたり、まるで顎がもう一つ出来たかのような形になるというものです。これは顎のシャクレ具合や顎があるなしに関わらずできるものです。

見た目としては、首からデコルテにかけてもう一つ顎があるように見えるので、少したるみがあるように見えます。

中には老けたような印象を与えたり、顔が大きく見えるような印象をあたえることもあるのです。肌の状態については顔と同様になっていることも多いのですが、中には黒ずんだり少し白っぽく見える場合もあります。

普段は二重顎にならない人でも、まれに二重顎になることがあります。これはパソコン作業や精密な作業をするために顎を引いているとできるのです。

首元の皮膚がだぶついたことによってできるもので、姿勢を良くしたり、首筋を真っ直ぐにすると改善されます。こちらは作業をしている時に人に指摘されたり、自分で鏡を見ないと気づかないことが多いでしょう。

このような状態になる理由やその対策は様々です。原因を知れば適切な対策ができますよ。

二重顎の一番の原因はたるみ!たるむと顎が二重に

二重顎の一番の原因は、ズバリ「たるみ」です。たるみとは、老化したことにより皮膚が伸びてしまう状態のことです。

また、肌の下にある筋肉が衰えて皮膚を支えることができず、その結果として肌がたるむのです。

このたるみが顎からネックラインにできると皮が余り、それが小規模なら下を向いた時やパソコン作業などの時に二重顎になってしまいます。

更にたるみがひどくなると皮が更に余計に余ってしまい、顎がひどくたるんでしまうのです。

これはいつもというわけではありませんが、加齢やむくみなどが原因でたるんでしまうことが基本的なところでしょう。特に顎は咀嚼などでよく使う部分なので、実は筋肉がたるむということはあまりないのです。

しかしたるんでしまう場合、筋肉や皮膚のケアなどが行き届いていない場合も多いのです。

このため、たるみケアを適切にすれば効果が出ますが、場合によっては生活習慣で気をつけたり、より多くの筋肉トレーニングを必要とする場合もあります。

ただ、日常生活での生活習慣を改善することで改善される場合もあります。この場合、たるみに関しては特に筋肉トレーニングが効果的です。もう少し詳しく見ていきましょう。

たるみ対策に効果的な筋トレは?毎日の手軽な方法

二重顎対策となる筋肉トレーニングですが、これは普段からの筋肉トレーニングでも簡単にできます。特に必要な物などはなく、いつでもすぐに始められます。

方法としては、まずは顔中の筋肉である「表情筋」を動かすことを意識しましょう。顔には小さい筋肉がたくさんあり、それぞれが表情を作って肌のハリを保ち、表情を豊かなものにしてくれています。

まずは口を大きく「あ」の形に開けます。この時、両目もしっかり見開くと更に目元の筋肉も鍛えられます。

次に口を「え」の形にします。この時は口の両端を意識し、しっかり開くようにしましょう。
それから口を「い」の形にします。上の歯と下の歯を合わせて、口を両端に開きます。ただ、顎に力を入れないように気をつけてください。

そして口を「お」の形にします。この時は口の形が丸くなるように意識しましょう。

最後に口を「う」の形にします。この時、唇を突き出して口周りの筋肉をぐっと伸ばす感覚で行うといいですね。

この形はそれぞれ5秒から10秒ほど維持し、筋肉をぐっと刺激して鍛えます。

こうすることにより口の形や動きが綺麗になり、効果も出て来るのです。また、これを一日に5セットほどやると効果が早くなります。

声を出しながらやっても構いません。静かにやりたい場合は声を出さなくてもOKですよ。

二重顎の原因は、紫外線による肌の劣化もある

二重顎になるもう一つの原因が、紫外線による皮膚の劣化です。これは紫外線により肌にダメージが与えられ、それにより肌に負担がかかると肌の状態が悪くなり劣化するために起こることです。

肌の状態が悪くなると、その結果として肌が荒れたりたるんだりして、二重顎になりやすいのです。

このような場合、特にデコルテラインや首筋などにたるみが起きやすく、特に顔ではないだけに紫外線ケアも行き届かないことが多いために起こってしまいます。

顔は全くたるんでいなくても、首筋やデコルテは紫外線ケアをしないためにたるみやすいということはよくあることなのです。

これは体中のどの皮膚に対しても起こりうることなのですが、特にたるみや二重顎の原因となると、デコルテ周辺のケアが大事になってくるでしょう。

ただ、今から紫外線ケアを初めてもこれ以上ひどくならないようにするための防止策でしかありません。というのも、紫外線ケアだけではあまりたるみが改善しないことも少なくないのです。

紫外線ケアではなく、スキンケアで二重顎を対策

二重顎を対策する場合、もちろんこれから紫外線ケアをすることでも対策ができます。これは紫外線による肌ダメージをこれ以上蓄積せず、また肌の内側からの再生を促して肌の調子を整えるというものです。

とはいえ、これは消極的な方法です。これ以上ひどくしないための防止策でもありますから、そんなにすぐに効果は出ません。この場合、紫外線対策はもちろん、他の方法を考えたほうがいいでしょう。

デコルテやネックラインのケアをするというのが二重顎防止の一番の方法です。この場合は普段から使っている乳液やボディクリーム、ボディミルクなどを使って首筋を下から上にマッサージしていくという方法があります。

適量の乳液やボディクリームを手に取り、まずはデコルテをマッサージします。この時、鎖骨の上と下をそれぞれ内側から外に撫でて、首筋に溜まったものを排出させましょう。

次にネックラインです。首筋の前の方を下から上に撫で上げていくことでマッサージになります。特に下から上に優しくマッサージしていき、顎の下のたるみが気になる部分まで行いましょう。

こうすると重力に反してネックラインがすっきりし、首元が細くなります。また、溜まった老廃物も排出され、ネックラインをより整えてくれるのです。

肥満も二重顎の原因になってしまうことがある

また、肥満も二重顎の原因になります。これは二重顎を作る場合、そもそも顎の下にたるみができるのですが、このたるみが余計な脂肪でできてしまうことがあるのです。

二重顎に関しては特にたるみが原因なことが多いのですが、このたるみを作る原因が脂肪というのは誰でもわかることでしょう。

太っている人は顔も大きくなり、自然とたるみやすくなっています。また、そこに余計な脂肪がついたことにより、更にたるみやすく代謝も下がり、結果的に二重顎になりやすくなるのです。

この場合、体に溜まった余計な脂肪分を減らすことでたるみが減り、結果的にたるみが無くなる場合があります。

体のたるみや余計な脂肪分を減らし、体全体を絞ることで体が細くなり、たるみなども解消されて細くなり、体も軽くなるのです。

できれば食事制限ではなく筋肉トレーニングで痩せたいところでしょう。これは筋肉によって痩せるとたるみが出にくく、体中を引き締めることができるためです。

特に体のたるみや太さが気になる人には食事制限よりも運動や筋肉トレーニングをおすすめします。

二重顎改善する筋肉トレーニングとは

二重顎を改善するトレーニングですが、これは脂肪を消費させる運動を多く取り入れるのが一番です。脂肪を消費させるというと、基本的には有酸素運動が効果的です。

有酸素運動とは、体に酸素を取り込みやすく脂肪消費をしやすい運動のことで、ランニングやウォーキング、水泳などがあります。

逆に筋肉を多く使う筋トレやスポーツジムで機器を使ったファンクショナルトレーニングは有酸素運動となりにくいので、この点は気をつけましょう。

有酸素運動を始めたのなら、最低でも1日に20分、これを1ヶ月続けると効果が高くなります。

特に脂肪を燃やすためには短時間のハードな運動を数日行うのよりも、30分ほどのウォーキングやランニングなどのトレーニングをずっと行うほうが効果的なのです。

こうすることで長時間脂肪が燃えて消費効率が良くなり、日々の運動でスポーツもしやすくなります。特に脂肪を消費するためにはそこそこの時間の有酸素運動をしっかり行う方がいいでしょう。

おすすめはウォーキングです。ただ長時間ダラダラと歩くのではなく、姿勢よく歩くことで効果が高くなります。ランニングや水泳などのほうが効果も高く、脂肪消費量も多いとされています。

ただ、体に筋肉が付いていると体を動かすのが大変になってくるため、簡単に動けるウォーキングから始めるのがいいでしょう。

二重顎の原因としてはむくみもある

二重顎になる原因としては、実はむくみもあります。むくみとは、体の中に余計な水分が溜まった状態になり、体が太ったように見える状態です。こちらは脂肪とは違い、いつもあるわけではありません。

朝にはすっきりしているものの夕方になると出てきたり、夕方になると体が重く感じられたり、足がパンパンになったり靴が脱げなくなるなどの症状が出てくるのです。

いつもあるわけではなく、朝はすっきりしていても夕方になると出てくる場合は、太ったことよりもむくみがある可能性を考えましょう。

この場合、例えばお酒の飲み過ぎや塩分のとりすぎ、カリウム不足などが考えられます。体に水分が溜まってうまく排出されないと、そのまま体の中に溜まってしまうのです。

このむくみはうまく排出されればいいのですが、むくみとなって体に溜まり続けると脂肪に変わるというデメリットもあります。

この場合、対策としては日頃からのデコルテケアやマッサージ、カリウム摂取などがあります。特にむくみに関しては体の中にとどまっていた余計な水分を排出することで、楽に効果が出やすくなっているのです。

ぜひ挑戦してみましょう。また、ヨガや運動で排出させる方法もあるのです。こちらは次の項目で扱います。

むくみケアができる運動はヨガで体をすっきりさせよう

このようなむくみケアとしておすすめの運動はいくつかありますが、最もいろいろなところで行われていて効果的なのがヨガです。

ヨガは長い歴史があり、いろいろな女性が好んでいます。美容にも効果的で、激しく動かないために太っている人や膝関節が弱い人、体が重たい人などにも効果的です。

ヨガに関してはそれぞれの考えがありますが、ヨガコースの場合は初心者コースを1回やるだけでもむくみが取れる効果が高いとされています。

初心者向けのコースでも十分な運動量があり、そんなに体を動かしていなくてもすっきりする効果が高いでしょう。

また、できれば一般的なヨガではなく、ホットヨガにするといいですね。ホットヨガは熱いスタジオでヨガを行うというもので、スタジオの中でも特別な施設があるところでしか行われていません。

サウナのような施設や岩盤浴などを行うところでよく行われています。通常よりも体が温まり動きやすく、発汗作用も期待できるのです。

ホットヨガもヨガもどちらも効果的です。ただ、できればホットヨガのほうがより理想的です。また、ヨガも継続的に行うことが必要でしょう。

ハードなコースを1回やるより、1ヶ月間毎週2回ほどホットヨガの初級コースを受けるだけでもかなり体は違ってきます。

一般的なヨガならば家でもできますので、教室に通わなくても自分で行う事もできるのです。こちらもなるだけ長く続けて、習慣づけるようにしましょう。

まとめ

二重顎は少し時間を掛ける必要がありますが、痩せたりむくみが取れれば必ず余計な部分が取れて体も軽くなり、解消できるものです。

ゆっくり時間をかけて徐々に改善していくようにすると、顔も細くなりすっきりしますよ。ぜひ挑戦してみてくださいね。

関連記事