免疫力を高める方法はコレ!食べ物を食品、食材から見直して!運動も効果あり!

免疫力を高める方法はコレ!食べ物を食品、食材から見直して!運動も効果あり!

免疫を高めて健康な体を!

皆さんは普段から免疫力を高めることを意識して生活していますか?ダイエットをしていても免疫力が高くないと体重減少の効率が悪かったり、病気になりやすく治りにくくなったりします。

つまり免疫力は体を維持することにとても重要なのです。今あなたが食べている食品や食材は免疫力を高めてくれていますか?今回はそんな食生活を見直して免疫力を向上させてくれる食品や食べ物、運動方法などをご紹介します。

なぜ免疫力を向上させることが重要なのか?

免疫力とは体が本来持っている力で、体を細菌やウイルスから守り除去してくれる役割があります。まさに体のボディーガードですね。また風邪などの病気から身を守ってくれるだけでなく、一度患った病気に再度かかりにくくなるようにしてくれます。

私たちは知らないうちに数多くの病原体やウイルスに晒されており、そうした中でも免疫力がそれらと戦ってくれて私たちの体を守ってくれています。免疫力がなぜ重要かと言うと、体を守る機能がなければ私たちの体は常に危険に晒されてしまうからです。

なぜダイエット中免疫力を高める必要があるかと言うと、ダイエット中はカロリー制限を意識して全体的に食事の量が減ります。そして体に必要なたんぱく質やビタミンなどの摂取が減ってしまうのです。

するとどんどん免疫細胞が減ってしまい、免疫力が落ちてしまうことになってしまうのです。ダイエット中に風邪を引いたり、体調を崩しやすくなるのはそれが原因であることが多いようです。

せっかくきれいになろうと努力しているのに、体調が悪かったら健康的なダイエットではないですし、体の内側からきれいになりたいですよね。

そういったことを防ぐためにも食べ物を見直すことは大切だと思います。食べ物を変えることで免疫力を向上できたら嬉しいですよね。

ヨーグルトの乳酸菌で免疫力向上!

皆さんは腸内環境という言葉はご存知でしょうか。テレビや雑誌などのメディアにも数多く掲載されていますが、この腸内環境を整えることが免疫力を向上させる上で重要なカギになります。

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しておりそのバランスが取れていると腸内環境が良い状態になるのですが、偏った食生活やストレスなどを繰り返してると腸内環境が乱れます。するとウイルスや細菌を攻撃してくれる善玉菌が少なくなり悪玉菌が増えてしまうのです。

特に腸に存在するNK(ナチュラルキラー)細胞は免疫力を高めてくれ、がん細胞やウイルスに感染した細胞などを排除してくれます。そしてヨーグルトは腸内環境を整える力を持っており、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は免疫力を高めてくれる効果もあります。

まさに免疫力を向上させるのに適した食品と言えますね。ヨーグルトは種類が多く食べやすいのと手軽に食べられる食品なので、いつもの食事にデザートとして一品加えるだけでいいので毎日続けられやすいですね。

鶏肉の良質なたんぱく質で免疫力向上!

スーパーでお安く手に入る鶏肉。この鶏肉にも実は免疫力を向上する成分が含まれています。鶏肉は良質なたんぱく質がたくさん含まれていますが、アミノ酸であるアンセリンやカルノシンが抗酸化効果をもたらしてくれます。

そしてこの抗酸化作用が免疫力の向上に繋がるのです。また鶏肉にはビタミンAが含まれていて、このビタミンAもまた細胞を修復してくれる働きがあります。ビタミンAは皮膚や粘膜を修復してくれる作用があるので風邪の予防にも大変効果があります。

ビタミンAは熱に強いので、どんな調理法でも大丈夫です。ただ鶏肉の良質なたんぱく質を摂取するためにナッツやきのこ類などのビタミンB2を一緒に取れるようにしましょう。

またダイエット中や食事制限などでヘルシーさを求めている方は鶏肉の中でもむね肉を選ぶようにするといいでしょう。

脂身が少なくても良質なたんぱく質は変わらないのでダイエットにぴったりですね。またスーパーでももも肉よりお安かったりするので、よりお得感がありますね。

にんにくのニオイの元は免疫力向上の源!

昔からスタミナがつく食材と言われ親しまれているにんにく。でもニオイが気になって特に女性は敬遠しがちではないでしょうか。しかしこのニオイの元となっているアリシンという成分が免疫力の向上に非常に役に立っているのです。

アリシンはNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化して免疫力の向上を促してくれる作用があります。また強力な抗血栓作用があり動脈硬化の予防にも効果があります。

アリシンはビタミンB1と一緒に摂取すると疲労回復に効果があるので、ビタミンB1を多く含む食品と一緒に食べましょう。例えば豚肉にはビタミンB1がたくさん含まれているので豚肉のスタミナ炒めは疲労回復に最適なメニューと言えますね。

調理する時間がない時は大豆にもビタミンB1が含まれているので、お味噌汁の中にすりおろしたにんにくを入れて食べてもいいですね。

にんにくは薬味でもあるので普段食べている食事にちょっと足して食べてあげることもできるので、食事に取り入れやすいのではないでしょうか。

ぬるぬる長いもで免疫力を向上させよう!

長いもは昔から精がつく食べ物として知られています。長いものぬるぬるした成分がムチンと言われる成分で免疫力を向上させる効果があります。ムチンは喉や鼻の粘膜の働きを高めて、ウイルスや細菌の侵入を防ぎ免疫力を高めます。

また胃腸の粘膜を守ったり、肝臓や腎臓の機能を高めたりする効果もあります。その他にもムチンはたんぱく質をエネルギー源として吸収しやすくしてくれるため、疲労回復に効果があると言われています。

長いもにはその他にも消化酵素を多く含んでいて、それによって無駄な酵素を使わなくなり新陳代謝が上がります。ムチンも消化酵素も熱に弱いので、できるだけ加熱せずに生で食べるようにしましょう。

長いもで作るとろろは生をすりおろしたものなので、長いもの成分を効率良く摂取したい場合にとろろは効果的ですね。

また長いもを細長く切ってオクラや梅干しと和えて食べるのもいいですね。長いもの消化酵素でたくさん食べても胃にもたれにくいと言われていますが食べ過ぎには注意しましょう。

ねばねば納豆パワーで免疫力アップ!

誰でも手軽に食べられる納豆も免疫力の向上に大きく貢献します。納豆はカルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛、リンなど様々な栄養素がたくさん含まれています。ビタミンB群もその一つで、このビタミンは免疫力の向上の手助けをしてくれます。

また納豆の原料となる大豆は良質なたんぱく質で、免疫細胞の元となり白血球などを増やしてくれます。そして有名な納豆菌には強力な抗菌作用があり、O-157などの大腸菌やサルモネラ菌を予防してくれる効果があります。

また納豆菌は胃液に負けないで腸に届き善玉菌と同じ働きをするため、悪玉菌を減らして腸内環境を整えてくれます。納豆のサポニンという成分もまた免疫力を向上させる効果があります。

サポニンは免疫細胞の餌になるため免疫細胞が増え免疫力を向上させてくれます。手軽にしっかり栄養が取れるのは嬉しいですね。納豆はひきわりとそのままの豆の納豆がありますが、そのままの豆の方が栄養価が高いので選ぶ時は気を付けましょう。

また風邪の引きはじめに食べると回復が早くなりますよ。どこでも安価で購入できて簡単に食べることができるので毎日続けやすそうですね。

意外なキャベツの免疫力向上の効果がすごい!

キャベツにも免疫力向上の効果があるなんて意外ですね。しかしその効果は免疫力アップの食材の中でも上位クラス。キャベツの免疫力を向上させる効果は医薬品並みとも言われています。

キャベツは様々な栄養素が豊富に含まれていますがその中でもビタミンCが免疫力を向上してくれ、疲労回復にも効果があります。

この他にもビタミンCは強い抗酸化作用があり体の老化を防いでくれ、新陳代謝がスムーズに行われるためお肌のシミしわ、肌荒れなどを防止してくれます。またキャベツに含まれるイソチオシアネートはがんを無害化したり、心臓病の予防をしてくれたりします。

抗がん作用に関しては、「現在最もがん予防効果が期待できる食品」と言われている程です。キャベツには食物繊維も豊富で便秘の改善に役立ちます。

良いこと尽くめのキャベツなのでたくさん食べたくなってしまいますが、食べ過ぎると逆に便秘になってしまう恐れがあるので注意しましょう。

キャベツの効果を期待したいとなると一日に約50グラム摂取するといいでしょう。この時、できるだけ生で食べるかもしくはお味噌汁やスープに入れて食べると、かさも減って効率良く食べることができます。

具だくさん味噌汁でさらに免疫力アップ!

味噌汁にも免疫力向上に繋がる栄養素が豊富に含まれています。野菜に含まれているビタミンは水に溶けやすい性質を持っています。

量を食べたい時に加熱調理は便利なのですが、加熱をすると大事な栄養素が外に逃げてしまいせっかくの栄養素が無駄になってしまいます。しかし味噌汁であればビタミンが溶け出してしまっても汁ごと頂けるので栄養素をあますことなく食べることができます。

味噌汁に使われている味噌は発酵食品で、腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌を減らすことで免疫力の向上の効果があります。そしてその他にも抗酸化作用がありアンチエイジングの効果もあります。

たくさんの栄養素が取れてアンチエイジング効果まであるなんてまさにスーパーフードですね。また味噌の大豆は良質なたんぱく質であり20種類のアミノ酸を含んでいる優れた食材で、大豆に含まれているイソフラボンががんや生活習慣の予防をしてくれます。

味噌汁を家で作って食べる時は具を多めに入れて食べる味噌汁を意識して作るようにすると、より多くの野菜が取れ栄養も満点ですよ。先に紹介した食材を入れた味噌汁なら病気知らずになりますね。

免疫力が向上する運動方法とは?

免疫力を向上させるのには運動も効果的です。特にストレスをかけ過ぎないでうっすらと汗をかくくらいの軽い運動が最も効果があるとされています。

例えばウォーキング、軽いジョギング、ストレッチ、ラジオ体操など個人によって差はありますが、体も心も無理をしない程度の運動がいいでしょう。運動で基礎代謝を上げることによって免疫力が向上します。

基礎代謝が低い人は体温が低い傾向にあり、冷え性だったり太りやすかったりすることが多いようです。人間は体温が1℃低いと免疫力が3割低下すると言われています。体温を上げ基礎代謝を上げるためにも毎日の運動を習慣化しすることが大切です。

無理をしない運動を続けることによってNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化し免疫力を向上してくれるので、次第にストレスに強い体ができてきます。

基本的にはジョギングや水泳などの負担がかかる運動は体が活発に動いている昼間に行い、ストレッチなどは寝る前に行うと体がリラックスできて質のいい睡眠が取れますよ。

運動は免疫力を向上させる他にも生活習慣病予防や脳を活性化したりするので続けていきたいものです。

免疫力を向上させる生活を心がけましょう

食品や食材、運動の他に日々の生活習慣も免疫力を向上させる上で大切になります。喫煙者の場合、タバコを控えると免疫機能を促すリンパ球が壊されずにいるため免疫力が向上します。次はしっかり睡眠時間を取ることです。

免疫力は自律神経に左右されやすいにですが、自律神経は寝ることでバランスが保たれているのでしっかりと7~9時間くらい睡眠を取れるように心がけましょう。そして朝起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう。

その後はしっかり朝食を取れることをおすすめします。それにより体内リズムが整い免疫力が向上します。そして一日の終わりのお風呂はシャワーだけでなく湯船に10分以上浸かると、体温が上がりリンパ球が増え免疫力が向上します。

最後はよく笑うことです。笑うことでNK細胞が活発化され免疫機能が上がります。テレビやDVDを見て笑うのもよし、お友達と女子会で大笑いするのでもよし、作り笑いも効果があるようです。笑うと気分まで上がりますね。

まとめ

何となく最近調子が悪かったり、風邪を引きやすくなったりしたら、できることから試してみてはいかがでしょうか。食生活や生活習慣を見直して病気に負けない体を作りましょう。

関連記事