ダイエットは夜の過ごし方で決まる!夕飯の選び方や空腹になったときの対処法!

ダイエットは夜の過ごし方で決まる!夕飯の選び方や空腹になったときの対処法!

どうやって過ごしたらいいの?

ダイエット中、間食は絶対にダメ、夜は食べないで早く寝た方がいい、という意見を耳にします。でも、昼間働いている人の場合、寝る前数時間くらいしか好きなモノを食べる時間なんてありませんよね。

ダイエット中でも食事制限をするべきかどうか迷うこともあるでしょう。では、ダイエット期間の夜の過ごし方、夜のカロリー摂取にはどういうことに気をつければいいのでしょうか。いろんな方法があります。

ダイエット中の夜ご飯は抜いてダイエットする?

まず、ダイエット中の夜の過ごし方としては、そもそも食事を取らないという方法もあります。夕食を抜くことにより、余計なカロリーを摂らずダイエットをするというものです。

そして「夜6時以降は食べないダイエット」というのもあります。これはその時間以降は食べないというダイエットで、似たものに時間を後ろにずらしたタイプのダイエットもあるのです。

これは、夜はあまり活動的にはならず、もうその後はただ少し家事をしてリラックスして眠るだけ、ということが多いので痩せるということなのです。

このあとはもう活動をしないしカロリー消費もしないため、そもそも大きなカロリーを取ったり食事をしなくても大丈夫だという考えで行う人が多いのです。

また、眠る前にとったカロリーはそのまま消費されることなく体の中に蓄えられ、脂肪などになってしまうのです。このため、脂肪が体の中で増えることを防ぐために夜遅くは食べないというダイエットをしている人もいます。

そもそも夕食から食べないようにすると、夜に体が脂肪を溜め込もうとしても脂質や糖質がないのですから溜め込めません。

ただしこれは成人していること、そして夜には運動量が少なくなる人だからこそできるダイエット方法でもあります。

例えば夜勤があって仕事がある場合、残業が多く仕事がまだ残っている場合などは、このダイエットは難しいでしょう。痩せるためには、他の方法を選んだほうがいいかもしれません。

ダイエットで夜食べないことのメリット・デメリット

夜に食べないことのメリットとしては、トータルでその日のカロリーが減るということですね。一日に食べる量や回数を減らすことによりトータルのカロリー数を減らすのは、やはりダイエットになります。

また、空腹感を感じる時間も短くなるということです。これはその時間までなら食べても良く、もしその時間の後に空腹感が来てしまえば、夜なのでさっさと眠ってしまえばいいのです。

特に空腹感を辛く感じるのならば、空腹になりそうな時間の前にベッドに入り眠ってしまうのが一番ですね。

胃にも優しいとされるのも嬉しいところです。眠るまで時間があれば、胃の中身が消化されているので、体にも良いのです。空腹になることによって、胃腸の調子が改善できるかもしれません。

ただし、このダイエットはその制限の前に大量に食べるとカロリー制限の意味がありません。このため空腹にならないように食べ過ぎる傾向がある人の場合、このダイエットは向かないかもしれないのです。

また、食べることが好きな人、食べることがストレス解消という人は食べられない時間を作るのがストレスになるかもしれません。

そして空腹に耐えることも必要になります。一定時間以降は食べないので、その後に空腹になっても食べないということになるとかなり辛い人もいるかもしれません。空腹を耐えるための方法を知っておきたいところでしょう。

夜食べないダイエット、どのくらいの効果がある?

このダイエット方法については単純なルールである「夕食抜き」や「特定の時間以降は食べない」ということで、かなりカロリー制限の効果があります。

夜にダラダラ食べてしまったり、空腹でもないのに必要以上に食べるということを防げるのです。

このダイエットでどのくらい痩せたかというと、3日で1キロというような即効性のあるものではないのです。人によっては1ヶ月2キロや3キロというような、穏やかなダイエットになることもあります。

ただし、確実に痩せるという評判は高くなっています。特に食事制限の一つのやり方でもありますし、ルールが非常に明確なのです。

また、意外な効果としては「節約になった」「食費が減った」という効果もあります。これは食事の回数を減らすため、食事にかける費用や食費が減るということですね。

節約をしたい人にもおすすめのダイエット方法と言えるでしょう。ついでに「間食の量が減った」という人もいます。これは朝昼しかおやつ・間食をしないため、その分食べる量が減って健康的になったということでもあります。

とはいえ「運動を平行して行っていないとなかなか痩せない」という声もあります。

また「夜にガッツリ食べるのでそれがないと辛くて挫折」という人もいます。このため、運動をしたり、ライフスタイルと相談しながら行いたいところですね。

全く食べないのは辛い、夜はサラダだけのダイエットも

また、夜に全く食べないのは辛いからということで、夜だけサラダにするという方法もあります。これは夜は肉や魚、米やパン、脂質の多い食事や脂っこい食事は一切取らず、サラダだけを食べるという方法です。

サラダは食物繊維が豊富でお通じを良くしてくれるので、体の代謝を高めるのには必要です。また、ビタミンやミネラルも入っており、現代人には欠かせない食事です。

量を調整しやすいので食べごたえもあり、野菜のカットの方法によっては食感で満足できます。カロリーが低いのも大事なポイントですね。

この場合、サラダのカロリーに気をつける必要があります。特にサラダそのものは野菜だけなのでそんなにカロリーはありませんが、例えばツナやハム、お肉などがあると、その分のカロリーが増えてしまいます。

また、ポテトサラダはポテトのカロリーがあり、思ったほど低カロリーではありません。気をつけたいのはドレッシングも同様ですね。

ドレッシングはベースがオイルで出来ているため、どうしてもカロリーが高くなります。脂肪分を取らず低カロリーで食事をしたいという時に、サラダはとても良いのです。

この場合、もしダイエットでサラダだけというのなら、野菜、それも繊維質が多いキャベツやレタス、低カロリーなきゅうりなどをベースにしたグリーンサラダに、ノンオイルドレッシングか塩コショウとレモン汁くらいで食べるということであれば、夜の食事制限には向いています。

夜にヨーグルトだけのダイエット、これはどうなの?

もう一つの夜だけの食事制限としては、ヨーグルトもあります。ヨーグルトは脂質が多いのですが、実際にはカロリーもそんなに高くなく、食べてみると思ったより食べごたえがあります。

甘いモノが好きな人ならスイーツを食べたいという気持ちに答えてくれますし、甘いモノが苦手でも酸味のあるタイプを選べばおいしく食べられます。

夜にヨーグルトだけというと、強いのは乳酸菌の効果ですね。乳酸菌は腸の調子を整えてくれ、お通じを快適にしてくれます。また、代謝を良くして抵抗力を高めたり、様々なメリットがあります。

健康食品として有名なので、日々の食事として取り入れやすく、量を調整しやすいのも嬉しいところですね。コンビニで販売されているタイプを食べてもそんなに高カロリーではありません。

それも嬉しいところでしょう。カルシウムもあるので、健康にも効果的です。フルーツヨーグルトなら一緒に食物繊維やビタミンなども取れますね。

気になるのは、ヨーグルトのカロリーや脂質の多さです。この夜ヨーグルトでダイエットをする場合、ヨーグルトは250gから500gほど食べることになり、かなりハイカロリーです。

このため、できれば脂質ゼロのものを選んだり、できるだけカロリー量が少ないものを選びましょう。

腸の活動が活発になる夜の前にお腹を空にし、相性の良いヨーグルトによる乳酸菌だけで満たせば健康効果も高くなります。健康によいダイエット方法ですね。

夜だけ主食抜き、炭水化物抜き。ダイエット効果は?

そして、夜だけダイエットとしては「炭水化物抜き」「主食抜き」などというようなダイエットもあります。これは朝や昼は普通に食べていいのですが、夜は炭水化物や主食となるパンや麺、ご飯を抜くというダイエット方法です。

この方法も簡単で、夜は普通のご飯ではなく主食を抜くことで食事制限となる方法です。実は主食そのものは大したカロリーではありませんが、糖質を抜くことにより脂肪が消費され、ダイエットできるというものです。

特に夜にガッツリ食べてしまう人は夜に主食抜きをすることで、食事制限の効果も高くなるとされています。

また、夜遅くまで仕事をしているような人で、夜に食事を取らないと体が持たないという人に良い方法でもあります。糖質制限は夜だけでも十分効果がありますから、夜に糖質制限をするだけでも痩せる可能性があります。

夜は遅いし食事をしたい、でもカロリーが気になる場合は、糖質制限だけでもダイエット効果を期待しましょう。

この方法の場合は主食や炭水化物以外ならば食べられるのがメリットです。ただ、その代わり夜だけの食事制限としては比較的効果が出にくいのがデメリットですね。

これは糖質以外の食事は普通に取るので、サラダだけやヨーグルトだけよりは痩せるペースは穏やかです。

とはいえ、こちらも手軽な方法です。夜の主食を食べないだけでも痩せるので、もし手軽にしたいというのならこの方法から始めてもいいですね。

ダイエット中の夜の飲み物はマスト、空腹時に飲もう

夜に食事制限をしたり、夜だけ特定のものしか食べないというダイエットをする場合、気をつけたいのは飲み物です。

飲み物については、基本的にはノーカロリーとなりますが、中には夕方までは制限を設けず、夜にはノンカロリーのドリンクだけとしている人もいます。

ドリンク類、特に炭酸の入ったジュースやカフェでホイップクリームが乗ったようなメニューはカロリーが高いものです。

このため、食事制限系のダイエットはこのようなドリンクは基本的にはNGとしていることが多く、お茶や水、ノンカロリーのドリンクというのが基本になります。

夜だけのダイエットの場合、注意したいのはカフェインでしょう。カフェインはお茶や紅茶、コーヒー、コーラなどに入っています。

特別なデカフェやノンカフェインコーヒー、カフェインレスのコーラではない限り、ペットボトル1本飲んだだけで眠れなくなることもしばしば起こります。

このような夜だけダイエットのメリットとしては空腹になりそうならすぐに眠ってしまえば良い、という点があり、睡眠を阻害するカフェインはよくありません。

このため、カフェインの入っていない水やハーブティー、スパークリングウォーターやデカフェなどの工夫されている飲み物を飲むようにしたいところですね。飲み物は空腹時に飲むと空腹が癒やされる効果もあります。

このため、できるだけ体に優しく眠りを妨げないものを選びましょう。

夜の食事制限、向いているメニューはどんなもの?

最後に、ここまで厳しい食事制限ではなくても、夜にあまりたくさんのカロリーを摂り過ぎるのは良くありません。このため、どういう食事メニューがいいのかというと、選択肢は豊富です。

考え方としてはカロリーベースの考えもあります。夜はあまり活動しないのでそんなに多くのカロリーは必要なく、だいたい500kcalもあれば良いという考え方です。この場合、以下の様なメニューが考えられます。

メニュー例1

・グリーンサラダ、ドレッシングはノンカロリー
・ゆでたまご
・ミックスサンドイッチ

メニュー例2

・ヨーグルト
・カットフルーツ
・豚しゃぶサラダ
・おにぎり1個

また、夜でも冬に体が寒い時は野菜たっぷりの野菜鍋にしたり、ホットコーンスープとチキンソテーに添え物の野菜など、そんなに量は多くなくても満足できるメニューにすることがおすすめです。

夏場はこんにゃくそうめんや冷奴、イカの刺身なども向いています。

夜は特に脂質をあまり多く取りたくない時間帯でもありますので、あまり多くは食べないというのが基本です。質素に食べる、でも栄養バランスは考えることで、満足度も向上します。

満腹ではないものの、ちょうどいい空腹ではないくらいで食べるというのも目安になるかもしれませんね。

ちなみに、夜食べないだけではそう簡単に効果は出ません。この場合、運動も取り入れると更に効果が出ます。消費カロリーがあるので、筋肉量の低下も防げます。

まとめ

夜は自由になる時間が多いので、ついつい食べがちです。ダラダラ食べたり多く食べるのを防ぐために、食事制限として夜は食べないというのはいい方法です。

どうしても空腹になってしまうのなら、飲み物やサラダ、ヨーグルトなどで誤魔化しながらうまくダイエットしましょう。

関連記事