玄米コーヒーの効果を徹底解説!ダイエットにも最適な玄米コーヒーの作り方、飲み方もご紹介!

玄米コーヒーの効果を徹底解説!ダイエットにも最適な玄米コーヒーの作り方、飲み方もご紹介!

玄米コーヒーが気になる。

コーヒーを飲みすぎるとカフェイン依存症になると聞いたことはありませんか? コーヒー代わりのノンカフェインドリンクのひとつが玄米コーヒーです。

では、玄米コーヒーはダイエットにも効果があることはご存知でしたか? もしかしたら味が美味しくないのではないかと敬遠している人もいるかもしれません。

ダイエットにも効果的な玄米コーヒーの作り方、飲み方をご紹介するほか、玄米コーヒーの効果を徹底的に解説します。

そもそも玄米コーヒーってコーヒーなの?

玄米コーヒーがカフェインを含まないノンカフェインドリンクであることはご存知の人も多いでしょう。ただし名前にコーヒーとついているため、もしかしたら玄米入りのコーヒーなのかと勘違いする人もいるかもしれません。

実際は玄米コーヒーにコーヒー豆は入っておらず、100%玄米から作られています。コーヒーの代わりになる飲み物ということで玄米コーヒーと呼ばれていますが、正確には焙煎穀物飲料(穀物コーヒー)です。

つまり玄米を黒くなるまで焙煎して粒状にしたもの、あるいはその粒を挽いて粉末状にしたもののこと。見た目は炭のようでもあり、中国では玄神と呼ばれ、薬用に使われてきた歴史があります。

市販されている玄米コーヒーは、インスタントコーヒーのような顆粒タイプ、レギュラーコーヒーのようなドリップタイプ、ティーバッグタイプなど。また粉末状のものもあれば、粉末状に挽く前の粒状で販売されているものもあるでしょう。

玄米コーヒーと似ている焙煎穀物飲料(穀物コーヒー)には、大麦、大麦麦芽、ライ麦などの穀物のほか、チコリという野菜の根、どんぐりの実などを焙煎したものもあります。

たんぽぽの根を焙煎した、たんぽぽコーヒーも人気です。いずれもコーヒー豆から作られるコーヒーとは違ってカフェインが入っていないため、美容や健康に関心が高い人や妊娠中の女性などに親しまれています。

美味しい?美味しくない?玄米コーヒーの味

玄米コーヒーとして市販されているものは様々あり、味はそれぞれ違うかもしれません。あらゆる条件によって味覚は異なるものですが、一般的に玄米コーヒーはコーヒー豆から作られたコーヒーよりも苦みが少なく、酸味はほとんどありません。

おこげのような香ばしさが特徴で、玄米茶やコーヒーと似ていながらも微妙に異なる独特の風味があります。結局コーヒーの味はするのか、本当にコーヒーの代わりになるのかという点が気になるかもしれません。

玄米コーヒーは薄いコーヒー、濃いお茶ぐらいの感覚で、無類のコーヒー好きのなかには少々物足りなさを感じる向きもあるでしょう。

ただしコーヒーをほとんど飲まない、あるいは長いあいだ飲んでいない人が玄米コーヒーを飲むと、たしかにコーヒーだと感じるぐらいの苦みや香りはあります。飲み方にもよりますが、じゅうぶん苦いと感じる人もいるほどです。

逆にコーヒーは苦手なのに、玄米コーヒーは飲みやすいという人もいます。粉っぽさが少し気になるという声もなきにしもあらずですが、ほどよい苦みと玄米コーヒーならではの香りが美味しいと評判です。

美味しいか、美味しくないかでいうともちろん美味しく、コーヒーの代わりというよりは玄米コーヒーとして美味しいといったところでしょう。

実際に玄米コーヒーを飲んでみると、玄米コーヒーならではの風味はもちろん、身体が温まるなどの効果を感じてリピーターになる人もいます。

どんな効果がある?玄米コーヒーの栄養成分

さて、ダイエットにも効果があるという玄米コーヒーの栄養成分はどうなっているのでしょうか。

玄米コーヒーとは焙煎玄米のことなので、焙煎の具合などによっても栄養成分はわずかな違いが生じます。目安として以下をご覧ください。

■玄米コーヒーの栄養成分(100g中)

・エネルギー…371kcal
・炭水化物…87.5g
・糖質…73.5g
・食物繊維…14g
・脂肪…2.1g
・タンパク質…7.6g
・ミネラル…1.4g
・リン…359mg 
・カリウム…239mg 
・マグネシウム…139mg
・カルシウム…9.9mg 
・亜鉛…2.29mg 
・マンガン…2.21mg
・ナトリウム…2mg 
・鉄…1.16mg 
・銅…0.18mg
・ビタミンE…0.6mg
・ケイ素…222ppm
・フィチン酸…141mg

焙煎する前の玄米の栄養成分は以下のとおりです。

■玄米の栄養成分(100g中)

・エネルギー…350kcal
・炭水化物…73.8g
・糖質…70.1g
・食物繊維…3g  
・水溶性食物繊維…0.7g  
・不溶性食物繊維…2.3g
・脂肪…2.7g
・タンパク質…6.8g
・ミネラル…1.2g
・リン…290mg 
・カリウム…230mg 
・マグネシウム…110mg
・カルシウム…9mg 
・亜鉛…1.8mg 
・マンガン…2.05mg
・ナトリウム…1mg 
・鉄…2.1mg 
・銅…0.27mg
・ビタミンE…1.4mg

玄米は焙煎することによって食物繊維やミネラル、ビタミンEを含む割合が高くなっていることがわかります。つまり玄米コーヒーはダイエット効果や美容効果が期待できるということです。

また発芽する前の玄米にはフィチン酸が多く含まれています。フィチン酸の効果についても詳しく見ていきましょう。

玄米コーヒーに含まれるフィチン酸の効果

フィチン酸とは、イノシトール6リン酸(IP6)とも呼ばれる生体物質のこと。

ビタミンB群に属するイノシトールとリン酸が結合してできるリン酸化合物であり、精米すると大部分は失われてしまいますが、玄米には多く含まれています。

リンは細胞のエネルギー代謝に欠かせないATP(アデノシン3リン酸)を構成する栄養素で、フィチン酸はリンのおもな貯蔵形態です。わかりやすくいうと、白米よりも玄米のほうがリンやフィチン酸は多いということになります。

■白米の栄養成分(100g中)

・エネルギー…356kcal
・炭水化物…77.1g
・糖質…76.6g
・食物繊維…0.5g  
・不溶性食物繊維…0.5g
・脂肪…0.9g
・タンパク質…6.1g
・ミネラル…0.4g
・リン…94mg 
・カリウム…88mg 
・マグネシウム…23mg
・カルシウム…5mg 
・亜鉛…1.4mg 
・マンガン…0.8mg
・ナトリウム…1mg 
・鉄…0.8mg 
・銅…0.22mg
・ビタミンE…0.1mg

フィチン酸には鉄や亜鉛などのミネラルと結合するキレート作用と排出作用がありますが、焙煎によりミネラルは排出されず、毒素のみが排出されるデトックス効果になります。

さらに抗酸化作用や細胞分裂を抑制する働きで、がんや血栓症、高カルシウム尿症(尿路結石、腎障害)、貧血、生活習慣病の予防や改善が期待できるでしょう。

またフィチン酸は、ミトコンドリア毒となるアブシジン酸(ABA)という植物ホルモンと混同されることもありますが、別物です。玄米に含まれるアブシシン酸(ABA)は焙煎によって無毒化されますので、玄米コーヒーに関しては心配ありません。

ダイエット効果も期待できる玄米コーヒー

玄米コーヒーは、ミネラルやビタミンを豊富に含むため美容効果があり、フィチン酸の働きによって健康面でも優れた飲み物であることはおわかりいただけたでしょう。

では玄米コーヒーにダイエット効果は期待できるのでしょうか。

栄養成分を比較してみると、玄米コーヒー100gあたりの食物繊維は14g、玄米100gあたりの食物繊維は3g、白米100gあたりの食物繊維は0.5gです。

つまり玄米は焙煎されることによって食物繊維の割合が4倍以上も高くなっていることがわかるでしょう。さらにフィチン酸のデトックス効果によって腸内環境が改善され、便通もよくなります。

腸内環境が整えられると、いわゆるサラサラの血液になり、血行促進につながることで免疫力もアップすると考えられているのです。実は免疫力こそがダイエットを継続するためのポイントといっても過言ではありません。

食事制限など過度なダイエットをすると健康面に不安が生じる可能性もあるでしょう。食事の全体量としてのカロリーは減らしたいものの、タンパク質やビタミン、ミネラルの摂取量まで減ってしまうと、免疫力が低下します。

免疫力が落ちると、細菌やウイルスへの抵抗力が弱まり、場合によっては病気になってしまうことにもなりかねません。不健康なダイエットは継続不可能です。

玄米コーヒーがダイエットにも効果があるという理由は、デトックス効果によって腸内環境の改善と免疫力のアップにつながる点にあると言えるでしょう。

玄米コーヒーを飲んで免疫力をアップしよう

免疫力が低下する原因は様々あります。例えば睡眠不足。寝ている間に分泌される成長ホルモンには代謝を促進する働きがあります。

成長ホルモンが不足すると、基礎代謝や免疫力が低下し、健康面でもダイエットにとっても望ましくない状態となってしまうのです。さらに体温の低下が原因で免疫力が落ちることもあります。

冷え性や低体温の人は注意したほうがいいでしょう。玄米中心の食生活で知られるマクロビオティックは、食べ物を陰と陽、中庸に分けて、調和を心がけるという考え方をします。

身体を温める食べ物は陽性で、身体を冷やす食べ物は陰性、調和のとれた状態が中庸です。玄米は中庸、コーヒーは陰性、玄米コーヒーは陽性になります。

コーヒー豆を原料としたコーヒーを継続的にたくさん飲むと、カフェイン依存症となって頭痛が生じるだけでなく、冷え性になる恐れもあるでしょう。

コーヒーの代わりに玄米コーヒーを飲むことで身体が温まり、免疫力のアップにつながります。健康的にダイエットを続けたいのであれば、デトックスや腸内環境の改善、免疫力のアップがポイントです。

睡眠をじゅうぶんに取ること、バランスのいい食事をすることも大切になるでしょう。玄米コーヒーは栄養のバランスがいいので、ダイエットに適した飲み物ということになります。

ダイエットにも最適な玄米コーヒーの作り方

さっそく玄米コーヒーを飲んでみたいと思った人も多いでしょう。様々なメーカーから発売されていますので、粉末状か粒状か、または溶かして飲むタイプか、ドリップタイプ、ティーバッグかの違いに注意してお買い求めください。

焙煎の具合やどこでどのように栽培された玄米を使っているのかなどによっても風味は多少異なるかもしれません。飲み比べをしてお好みの玄米コーヒーを見つけるのもいいでしょう。

あるいは玄米100%の飲み物ということで、自家製の玄米コーヒーを試してみたいと考える人もいるかもしれません。ダイエットにも最適な玄米コーヒーの作り方をご紹介しましょう。

玄米コーヒーの作り方

≪材料≫(1日分)

・玄米…大さじ4

≪作り方≫

1.フライパンで玄米を40分、乾煎りします。

2.器に移して、冷まします。

3.コーヒーミルで粉末状に挽きます。

4.小さじ1杯の玄米コーヒー粉に、200mlほどのお湯を注いで飲みます。

玄米コーヒーは酸化しやすいため、1日分ずつ作ったほうがいいかもしれません。

また40分も乾煎りするのが大変だからといって、強火で時間を短縮しようと考えると、玄米がはじけ飛ぶ恐れがありますのでご注意ください。

30杯分をまとめて作りたいときは、玄米100gをホームベーカリーのジャムコースにセットして、ミルサーで挽いて作ることもできます。

できあがった玄米コーヒー粉は玄米コーヒーとして飲むほか、玄米パンを作る材料として使ってもいいですね。

ダイエットにも最適な玄米コーヒーの飲み方

自家製にしても市販のものにしても、玄米コーヒーにはどのような飲み方があるのでしょうか。

まず溶かして飲むタイプであれば、玄米コーヒー小さじ1杯ほどに対して、お湯200mlほどを注ぐのが一般的です。お好みで分量は調節できますし、粉っぽさが気になるときはスプーンで混ぜながら飲むと溶けやすくなります。

アイスで飲みたい場合は、玄米コーヒー小さじ1杯ほどに対して、お湯50mlほどを注いで混ぜてから、氷と水を加えるといいでしょう。

水の代わりに牛乳や豆乳を使いたいところですが、どちらも陰性です。身体を温めることで免疫力を高め、ダイエット効果を期待する場合は避けたほうが無難でしょう。

砂糖やハチミツも陰性ですが、メープルシロップは陽性なので大丈夫です。玄米コーヒーは予めティーバッグに入っているタイプもありますが、自分でティーバッグに入れて煮出したり、水出ししたりすることもできます。

ドリップする場合は、お湯300mlに対して玄米コーヒー小さじ1杯から2杯ほどが目安です。コーヒー豆のコーヒーのように最初に蒸らす必要はありません。

急須に玄米コーヒー小さじ1杯ほどを入れて、熱湯を200mlほど注ぎ、ふたをしないで3分ほど経ってから飲んでもいいでしょう。

玄米コーヒーは、酸素に触れないように密封し、10℃以下の冷暗所で保存することで、酸化をなるべく防ぐことができます。酸素や気温のほか直射日光などの光も酸化を促進しますのでご注意ください。

まとめ

玄米コーヒーはダイエットに効果的な飲み物です。もともとコーヒー豆のコーヒーが大好きであれば初めこそ味が物足りないと感じるかもしれませんが、続けて飲むうちに玄米コーヒーの美味しさに魅かれる人が多いようです。

フライパンだと時間はかかりますが、作り方はシンプルなので自家製にチャレンジしてみるのもいいでしょう。コーヒー豆のコーヒーのように飲みすぎに注意する必要はありませんが、1日3杯ぐらいが目安です。

ダイエットに効果的な飲み方としては、ストレートがおすすめ。メープルシロップは陽性なので大丈夫ですが、牛乳や豆乳、砂糖は陰性なので加えるとしても量をひかえめにしたほうがいいでしょう。

関連記事