ちくわにジャム!? 本当に合うのか試してみた

ちくわにジャム!? 本当に合うのか試してみた

あの味に似てる!
煮ても焼いてもそのままでもおいしく食べられるちくわ。ちょっと小腹がすいた時などに重宝しているという人も多いのではないでしょうか。

そんなちくわを使ったある意外性抜群なレシピがあります。その名は「ちくわジャム」。ちくわにジャムを合わせるという驚きの組み合わせですが、試した感想には「おいしかった」の声が。

魚のすり身で作られたちくわと、パンやヨーグルトと合わせる洋風なジャムを合わせて、本当に合うのだろうか? 正直、合うわけないだろ! と思ったのですが、「塩バニラ」のような甘じょっぱい奇跡のハーモニーを信じて試してみることにしました。
せっかくなので、基本のイチゴジャムに加えて、苦味のあるマーマレードと、酸味のないチョコレートクリームも用意してみました。
まずちくわを縦半分に切ります。
そしてちくわの溝にジャムを塗っていきます。
左から2つがイチゴジャム、マーマレード、チョコレートです。色味はキレイですね。
とろけるチーズを細く切って上に乗せます。偶然にも長さがちょうどいいです。次に、チーズがとろけるまでトースターなどで温めます。筆者は1分ほど加熱してみました。
加熱後がこちら。チーズがとろっとしていて、なんだかおいしそう……?

では実食!
んー。

なんか、アレに似てるな。……生ハムメロン。

そう、二次会のパーティで1度だけ食べたことのある、生ハムメロンを思い出す味でした。決してマズくはない! けれど、「おいしい」というより不思議な味です。

なお、3種類の中では、筆者はイチゴが一番合っているような気がしました。マーマレードも悪くないのですが、マーマレードの苦味とちくわの塩気のバランスがイマイチなので、ゴーダチーズなどのパンチのあるチーズとならバランスが取れるかもしれません。チョコレートは酸味がないので、ちくわの魚介風味が残り一番合わないと思いました。やはり「ちくわジャム」にはジャムが良いのでしょう。

夜中に、何か食べたい! でもちくわだけだと味気ないかも……。そんな状況になったらぜひ試してみてはいかがでしょう。生ハムメロンだと思えば、ちょっと高級な気持ちになれる……かもしれません。


(きたざわあいこ+ノオト)

関連記事