前歯に赤リップが付着… 「歯紅」を付けないためのポイント

前歯に赤リップが付着… 「歯紅」を付けないためのポイント

絶対に避けたい!
赤やオレンジなど濃いめのリップカラーが流行している今シーズン。ふとした時に鏡を見たら、口紅ならぬ歯紅が付いていて、恥ずかしくなったことはありませんか? 

いくつかのポイントを押さえておくと、そんな悲しい事態は防げるんですよ。どれも簡単なので、覚えておきましょう☆

■ 塗りすぎない

そもそも塗り過ぎな場合は、歯紅だけではなく、飲み物を口にした時などにも色が付きやすい状態になります。口紅を何往復もさせる必要はありませんよ。

■ティッシュオフ

塗り終わったら、ティッシュを1枚、唇だけで軽く噛みます。余分な口紅が落ちるので、歯紅防止につながります。

■口を乾かさない

口の中が乾くと、歯と唇がくっつきやすくなり、歯紅が発生しやすくなります。水分補給をしっかりして、ここぞというタイミングではミントタブレットを食べていると良いかもしれません。

■落ちにくいタイプの口紅を使う

濃い色の口紅を買う時は、落ちにくい口紅を選ぶのが吉! 最近はロングキープ処方と謳っているものやオイルインのものなども増えているので自分に合ったものを探してみて★ ただし、クレンジングは念入りに。

■リップコートを使う

お気に入りの口紅が普通の口紅の場合は、リップコートを使いましょう。マットになるタイプやグロスタイプなどニュアンスが変わる商品もたくさん発売されているので、気分に合わせて変えてみるのも◎。
あとはコマメに鏡をチェックして、付いていたらすかさずオフ! 人に会う前や、化粧室へ行ったら必ずチェックする習慣を付けておけば、悲しい事態はかなり防げるはず。お気に入りのリップで、今日も楽しく過ごしましょう♪

(田中いつき+ノオト)

関連記事