マックのドナルドが怖い!? アメリカで話題の「ピエロ恐怖症」って?

マックのドナルドが怖い!? アメリカで話題の「ピエロ恐怖症」って?

ハロウィンを目前に…
もうすぐハロウィン! 近年は、日本でも仮装や特殊メイクをした人々が街を歩き回るなど、にぎわいを見せる大イベントですが、まだまだ本場・アメリカの盛り上がりには敵いません。ストリートだけではなく、職場や学校にもオバケの格好をした人々やモンスターのオブジェがあふれ、コスプレをしていない人の方が浮いてしまうほどなんだそう。

そんな大人も子どもも楽しいハロウィンですが、いまアメリカではあるニュースが話題になっています。

■楽しいハロウィンのはずが一転…

米ファストフード大手マクドナルド(McDonald's)は、全米各地で「不気味なピエロ」が目撃され人々を恐怖に陥れている問題を受け、混同を避けるためにマスコットの「ロナルド・マクドナルド(Ronald McDonald)」(日本名「ドナルド」)の使用を一部自粛することを明らかにした。

現在、アメリカ各地でピエロの格好をした謎の人物が子どもを誘拐しようとしたり、女性を襲ったりした事件が相次いで発生。Twitter上ではハッシュタグ「 #IfISeeAClown (もしピエロを見たら)」がトレンド入りするほど注目されているのだそう。
これを受けて、アメリカではマクドナルドのマスコットキャラクター、ドナルドがイベントへの登場などを一部自粛するという動きになっています。

現地ではさまざまな情報が飛び交い、専門家からは「ピエロ恐怖症」による集団ヒステリーではないかという意見が出ているそうです。

■ピエロ恐怖症とは?

シェフィールド大学が行った調査では、4~16歳までの250人の子供にピエロについての意識調査をしましたが、やはりピエロは圧倒的にみんなから嫌われていることが判明しました。(中略)白く塗られた顔に赤い大きな鼻、カラフルな服装や髪に大きな靴など、ピエロの風貌は普通ではないことだらけです。

恐ろしいピエロが登場する1990年のスティーヴン・キングさん原作のホラー映画「IT」の大ヒットで、当時ピエロ恐怖症が大流行したのだそう。他にもピエロを恐怖の対象として描いた映画や小説、ゲームなども多数存在し、ピエロ恐怖症になってしまう要因の一つになっているそうです。
特に海外では、幼少期に家族でサーカスに行くことが多く、インパクトのあるピエロの姿に衝撃を受けてピエロ恐怖症になる人が多いのかもしれませんね……。

■ピエロ恐怖症は日本人にも多い!?

白塗りの見慣れない風貌と、張り付いたような笑顔が怖いという人が少なからずいるようです。
ピエロ騒動について、スティーヴン・キングさんはTwitterで「みんな、ピエロによるヒステリーを落ち着かせる時だ。彼らのほとんどは良い存在で、子どもたちを元気づけ、人々を笑わせている」と発言。

本来、人々を楽しい気持ちにするために、滑稽な格好や言動をするピエロ。アメリカのピエロ騒動が早く終結することを祈るばかりです。

(阿部綾奈/ノオト)

関連記事