知ってる? 「果実ジュース」と「果汁入り飲料」の違い

知ってる? 「果実ジュース」と「果汁入り飲料」の違い

「濃縮還元」も謎だよね…
ジュースや果粒入り果実ジュース、果汁入り飲料……などの記載がありますが、あなたはその違いを知っていますか?

果実飲料は、日本農林規格(農林水産省告示)によって、表示の方法が定められています。その表示方法は大きく分けて2つ。ぞれぞれの違いを知っておくと、飲む前にどんな商品なのか知ることができちゃうんです。違いを見てみましょう。

■果汁の割合で分類されてる

1つ目は果汁の割合によって表示が異なります。

果実ジュース 1種類の果実について果汁100%のものです。
果実ミックスジュース 2種類以上の果実を混合し果汁100%としたものです。
果粒入り果実ジュース かんきつ類のさのう、もしくはかんきつ類以外の果実の果肉を細切りにしたもの等を含む、100%果汁です。
果実・野菜ミックスジュース 果汁と野菜汁の混合100%のものです。ただし果汁の割合は50%を上回らなければなりません。
果汁入り飲料 果汁の割合が10%以上、100%未満のものです。

果汁の割合は割と気にするという人も多いかもしれませんね。実は、私たちが使っている「ジュース」という言葉は、果汁や野菜汁が100%のものしか名乗れないんです。果実入り飲料は一概には言えませんが、炭酸が入っていたりフルーツオレになっていたり、一工夫されている商品が多い印象です。

また、最近多いのがフレーバー付きのミネラルウォーター風の飲み物ですが、果汁の割合が非常に低い場合が多く、「清涼飲料水」という分類になっている商品が多いようですよ。

■製造方法もさまざま

また、100%のジュースたちには製造方法に実はちょっとした違いがあり、そのことも表示することになっています。

原料となる野菜・果実からジュースを搾汁した後、濃縮(水分を除く)し保管した濃縮原料に、再度水分を加え、元の濃度に戻す(還元)ことを「濃縮還元」といいます。

ジュースのパッケージに大きめに書いてあるから表示を見たことはあるけど……という方が多そうなのが「濃縮還元」の表示。保存性が良く、コストも低く抑えられることから、一般的になっています。季節の違う果実野菜を組み合わせたり、原料を遠方から運んだりできるのも、この濃縮還元という技術のおかげです。

濃縮しない場合の呼び方は……

濃縮しないで果汁をそのまま殺菌したもの→ストレート果汁

加工されておらず、果汁そのままに近いストレート果汁。果物の風味が良く、産地や栽培方法にこだわった商品が多いのかも。少々お値段が高いものが多いですが、季節ならではの味が味わえます。

普段何気なく手に取っているドリンクの小さいパッケージに、こんなにたくさんの情報が詰まっていたとは。今度買った時には、表示をチェックしてみましょう♪

(田中いつき+ノオト)

関連記事