大人女子のための夜遊びハロウィン。優雅で楽しい夜のアフタヌーンティー

大人女子のための夜遊びハロウィン。優雅で楽しい夜のアフタヌーンティー

OZネタ
日々企画を出しあって、シティホテルの特集やニュース記事を作っているプレミアム予約のホテル編集部。私たちがいつも思うのは、ホテルには「敷居が高い」とか「宿泊者じゃないと利用できない」イメージがあるということ。でも実は気軽に利用できる方法があるんです。このコーナーでは、そんなホテルの楽しみ方を知ってもらうべく、編集Nが朝食レポート、編集Mがホテルでの夜遊びレポートをお届けします。

今回の担当は、お酒好きのミーハー女子・新米ホテル編集M。私が少し背伸びして訪れた、 “ホテルで夜遊び”レポートをご紹介。
10月といえば、年々盛り上がりを見せているハロウィン。数年前の私は1カ月以上も前から準備を始めて、友達と一緒に「今年の仮装はどうする?」「仮装パーティやオールナイトイベントに行って・・・」なんてじっくり作戦会議をしてから、寝る暇も惜しんで全力で“ハロウィン”という秋の一大イベントを楽しんでいました(笑)。
でも最近はガッツリ仮装や夜遊びはしなくなって、以前に比べると少し遊び方が変わってきたので、今年は大人女性らしいハロウィンの楽しみ方を模索中。
リサーチを進めていると先日取材で素敵なハロウィン情報をゲット。「夜のハロウィンティーパーティ」が某ホテルで楽しめるということで、ひと足先に体験してきました。

夕暮れ時、訪れたのは芝公園にある「ザ・プリンス パークタワー東京」1階の「ロビーラウンジ」。本日のメンバーは同僚女子3人組。先輩Nは、黒いワンピースや小物でさりげなくハロウィンを意識したファッションに身を包んでの登場。抜かりない! さすがです(笑)。
東京タワーをふもとから望める1階「ロビーラウンジ」
案内されたのは窓際のソファ席。目の前には下から見上げるように眺められる東京タワーが。暗くなるにつれてだんだんと赤く色づいていく様は、とっても幻想的。ハロウィンということで、今日はその美しさからほんのりダークさも感じます。

テーブルには、早速おもしろい仕掛けが。不気味に笑っている口やひげ、仮面のパーツなど、手に取って撮影したくなるようなフォトプロップスがずらり。このアイテムがあれば、始まるのはやっぱり撮影女子会! こういう仕掛け、女子には本当嬉しいですよね。
不気味な口、ひげ、仮面など、撮影アイテムとしても使えるフォトプロップス
しばしの撮影タイムを楽しんでいると、そこに登場したのは紫とオレンジ色が鮮やかなオリジナルカクテル。その名も魔女の乾杯ドリンク「Magical Time」。カシスのリキュールとオレンジが彩る艶やかなグラデーションが胸を高まらせ、混ぜると赤い色合いに変わります。爽やかな甘さのおいしい乾杯を合図に、今宵のハロウィンティーパーティがスタート。
魔女の乾杯ドリンク「Magical Time」 ※アルコールが苦手ならノンアルコールでも用意してくれます
早速登場したのは、出てきた瞬間「素敵すぎる~!ハロウィン感たっぷり」と一同大盛り上がりだった3段のハイティースタンド。ジャック・オ・ランタンやおばけ、コウモリ・・・。上から下の段まですべてのお皿にかわいい仕掛けがいっぱいです。これは想像以上にフォトジェニック!
「Trick or Treat! いたずらハロウィンハイティー」のセット
皆揃って「いただきます!」とまず手をつけたのは、別皿で提供されたフードから。まずは“塩っぽい”ものからスタートしたいですよね。きのこやブロッコリーなど秋の味覚を焼き込んだキッシュ、かぼちゃのチップスをぱくり。旬のおいしさが凝縮されていて、口に運ぶだけで秋の訪れを感じます。
秋の味覚たっぷりの「キッシュ&かぼちゃチップス」
そしてお待ちかねの3段ハイティースタンド。まずは一番下のお皿から。目が行くのはやっぱりジャック・オ・ランタン風のオレンジカップのサラダ。舌を出しているような“いたずら”な表情がかわいすぎる。これはこの日のシェフのいたずらなんだそう。オレンジの皮に入ったシャキシャキした野菜を、くり抜いた果肉で作ったドレッシングと絡めて味わいました。ほか、かぼちゃの形をしたミニサンドや、かぼちゃの餡とミートソースがぎゅっと詰まった蒸しパンも絶品。どのフードもおいしくて、お酒が進む進む! ちなみにスパークリングワインや赤・白ワイン、紅茶やコーヒーなど20種以上ものフリードリンクが付いているのも嬉しいポイントです。
上から「ハロウィン風オレンジカップのサラダ」「かぼちゃ餡とミートソースの蒸しパン」「かぼちゃ、チーズ、生ハムのミニサンド」
次はなんだろう?とワクワクしながら、真ん中のお皿へ。「あーん」と口を開けてるような顔がおちゃめな、おばけかぼちゃのシュークリーム。チョコでできた蜘蛛の巣がかかったカシス味のマカロン。かわいい顔して味もしっかりおいしいんです。
そして衝撃のおいしさだったのがホテルのオリジナルスコーン。プレーンとマロン味の2種が味わえて、カリッサクッな食感はやみつきになるほど。そのままでも十分おいしいけど、かぼちゃとマロンのクリームやジャムを付けて味わうのもお忘れなく。クリームだけでも最強に美味です。濃厚なのに軽くて口の中に入れるとすぐにとけちゃう・・・。「塗りすぎー!」とつっこみあいながらも、皆きれいに完食。

上から「オリジナルスコーン2種(プレーン、マロン)」「おばけかぼちゃシュークリーム」「マカロン」
「ちょっとお口が甘くなってきたな~」なんて思っていた頃に、なにやら運ばれてきたのがこちら。お皿の上にのったジャック・オ・ランタン・・・!?と思いきや、フタを開けるとなかにはリゾットが。そこにはうずらの卵にイカスミの色で顔を見立てた、小さなおばけが潜んでいましたよ! 憎めないこのおちゃめな演出。そして星型にくり抜かれた野菜と味わう、サフラン香るシーフードリゾットはこれまた絶品! プリプリの魚介と旨味たっぷりのお米にスプーンが止まりません。恐るべし私たちの食欲・・・。
「おばけかぼちゃのおばけリゾット」
そしていよいよラストの上段のお皿へ。月夜に羽ばたくコウモリのスイーツ。スプーンを入れるとジュレがじゅわっと広がって、コウモリが夜空に消えていきます。手の込んだ演出はもう感動モノです。最後の最後まで驚かされたのは「魔女の忘れ物」と題されたこのキュートな帽子型チョコレート。そこには、ぴったりとかわいらしく微笑むおばけが。3人分それぞれおばけの表情は違って、舌を出していたり、笑っていたり・・・。このおばけの表情もシェフの遊びゴコロだそうですよ。帽子の中に登場する濃厚なチョコレートは、口に入れるとあら不思議! 口の中ではじける、パチパチした食感がおもしろい~。
上から「こうもり羽ばたく夜空をイメージした白ワインとカシスのヴェリーヌ」「魔女の忘れ物~チョコレートの帽子」
“いたずら”な仕掛けいっぱいのハイティーセットはこれにて終了。「次はなんだろう?」なんてワクワクしっぱなしのティーパーティでした。聞くと、今回のプランはホテルの女性ホテリエチーム(※)が女性目線で考えたものなのだそう。おもしろい仕掛けにも納得です。ホテルで優雅に楽しく過ごせるからこそ、大人女性の夜遊びハロウィンにおすすめです。こちらは10月末までの限定メニューというから、お見逃しなく。今年のハロウィンは、優雅で楽しい「夜のハロウィンティーパーティ」をしてみてはいかがですか?
おまけに私のinstagramショット
夜のハロウィンティーパーティ
#いい1日を作ろう #ホテル女子会 #ザ・プリンス パークタワー東京 #ハロウィン #ハイティー #ホテルで夜遊び

プラン名

■プラン名:「Trick or Treat! いたずらハロウィンハイティー」
■場所:ザ・プリンス パークタワー東京 内1階「ロビーラウンジ」
■販売期間:2016年10月1日(土)~10月31日(月)
■時間:17:00~21:00(ラストオーダー終了30分前)※2時間制
■料金:1名5500円(税・サ10%込) ※1日10名まで ご利用の3日前までにご予約ください
■内容:ハロウィンハイティーセット、乾杯用ハロウィンカクテル1杯、フリードリンクのセット

ザ・プリンス パークタワー東京

上から下まで東京タワーをどこよりも近く、ふたり占めできる地上33階の高層ホテル。芝公園の豊かな緑に囲まれ、バルコニーやビューバス、全室ブロアバス付きのバスルームなど、居心地の良さも魅力。夜景&緑のやすらぎ空間で、優雅なひとときを過ごせる。
TEL:03-5400-1111
住所:東京都港区芝公園4丁目8-1
アクセス/【電車】都営地下鉄大江戸線「赤羽橋駅」より徒歩2分、三田線「芝公園駅」より徒歩3分、JR線・東京モノレール「浜松町駅」より徒歩12分 【車】東京駅から約15分、羽田空港から首都高速芝公園ランプ経由約15分、東京シティエアターミナル(箱崎)から約15分 【シャトルバス】浜松町駅前より8:15から21:45まで30分間隔で運行 ※13:45、15:45は除く

(※)TOKYO HONEY PROJECT
芝公園エリアにあるザ・プリンスパークタワー東京と東京プリンスホテルの女性ホテリエ計18名が、女性の笑顔が集まるホテルを目指して女性目線で商品やサービスを考察するプロジェクト。2012年の発足以来、さまざまな商品を企画・販売している。

関連記事