あなたも当てはまってない?  「スターバックス症候群」って何?

あなたも当てはまってない?  「スターバックス症候群」って何?

注文ができない……
みんな大好きスターバックスコーヒー! 新作が出たら必ずチェックするという人も多いのでは?

そんなスタバに対して、とある「不安」を抱えてしまう人々がいます。なんでも彼らは、「スターバックス症候群」と言われているのだとか。

■スターバックス症候群って何!?

筆者はこの言葉を聞いて、「スタバが好きすぎて依存してしまう人のことかな?」と思いましたが、違うんです。

スターバックス症候群とは、メニューの選択肢の多さや価格の高さに戸惑ってしまうこと。いざ注文の時に、何を頼んで良いのかわからず、自分が飲みたかったものではない商品を頼んでしまうなんてケースがあるようです。
他の飲食店とは違う、スタバ独特の雰囲気ってありますよね。慣れていないと身構えてしまうもの。
「バニラクリームフラペチーノ、チョコレートチップ追加、ホイップクリーム追加、チョコレートソース追加で」なんて、サラッと言うのは難易度高し!
ショート、トール、グランデ、ベンティ……と、サイズの名前もちょっとなじみのない言葉。「Sサイズの次はMじゃないの?」と思ってしまいますよね。

■スターバックス症候群を克服するために

指差し作戦! 間違いないですね。
写真を見せるのも得策。一度飲んで「これ、また飲みたい」と思ったら、写真を撮っておきましょう。
スタバ慣れしている友だちと一緒なら安心♪ 注文方法を教えてもらったり、代わりに注文してもらったりできますね。
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。わからない時は落ち着いて店員さんに聞いちゃいましょう。笑顔の素敵なスタバ店員さんが丁寧に教えてくれますよ。
スタバ慣れしている人は「何で?」と思ってしまいそうですが、スターバックス症候群に悩む人は結構多いようです。

おいしいけれど、注文方法がわからなくて、スタバに行けない……なんてもったいない! 緊張する必要はないので、落ち着いて注文すれば大丈夫ですよ!

(阿部綾奈/ノオト)

関連記事