知ってる? 「コーヒー」と「コーヒー飲料」の違い

知ってる? 「コーヒー」と「コーヒー飲料」の違い

飲む前に味がわかる!
手軽に飲める缶コーヒーやチルドカップのコーヒーですが、パッケージの表示をよく見ると、違いがあるのをご存知ですか?

実は全国コーヒー飲料公正取引協議会が取り決めている「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約」によりコーヒー豆の使用割合で表示の種類が異なるんです。なんだか難しそうな字が続きましたが、知っておくと、いろいろ便利なこの表示の違い。どんな風に違うのか、見てみましょう。

■コーヒー

内容量100g中にコーヒー生豆換算で5g以上のコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分を含むもの

一番コーヒー濃度が高い「コーヒー」の区分。ドリップコーヒーを抽出する時に使うコーヒー豆の量と同量なので、コーヒーが好きな方、カフェインの助けを借りたい方にオススメです。ドリップコーヒー顔負けの、少々値段が高い本格派の商品があることも。

■コーヒー飲料

内容量100g中、生豆換算で2.5g以上5g未満のコーヒー豆から抽出・溶出したコーヒー分を含むもの

自販機やコンビニでも手に入りやすい「コーヒー飲料」。チルドカップも多くあります。「缶コーヒー買ってきて」と言われたら、この区分のものが間違いがなさそう。

■コーヒー入り清涼飲料

100g中にコーヒーの生豆換算で1~2.5g未満のコーヒー分が含まれるもの

コーヒー牛乳などの商品が多い区分ですね。カフェインを取りたくない時や、コーヒーが苦手だけど、コーヒーの雰囲気を味わいたい! なんていう方はこちら。また、甘めの商品が多い印象ですので、疲れた時にスイーツ代わりにするのも良さそう~♪

普段何気なく買っている商品でもよく見るとこんなに違いがあったのでした。「パッケージを見ても違いがよくわからない~!」という時には、この表示を参考に購入してみてくださいね。

(田中いつき+ノオト)

関連記事