若くても発症する!? いま知っておきたい「乳がん」のこと

若くても発症する!? いま知っておきたい「乳がん」のこと

増えているって本当?
最近では、ピンクリボン運動や有名人の発症など、よくニュースなどで取り上げられるようになった「乳がん」。昔よりも、若くして乳がんになる人が増えている印象を受けますが、実際はどうなのでしょうか? 女性にとって、胸は女性性を象徴するものだけに、乳がんになって胸を失うかもしれない、と考えるだけで、怖くなってしまいますよね。

今回は、乳がんについてもっと知っておくべく、専門家の先生に直接質問をしてきました。
今回インタビューを受けてくれたのは、東京・赤坂にあるよしもとブレストクリニック院長の吉本賢隆先生。


──いま、20代や30代の若い人にも乳がんが増えているような印象があるのですが、実際に増えているんでしょうか?

「年齢による割合は特に変わっていません。若い人が乳がんになる確率がすごく上がっているということはありませんよ。でも、乳がんになる人の全体数は増えてきています。だからそれに伴って、若くして乳がんになる人も増えてきています」

──全ての年齢で乳がんになる人が増えてきているんですね。それは、どうしてでしょうか?

「30年前に比べて、乳がんにかかる日本人の患者さんは4倍になっています。理由となる一番大きな変化としては、女性のライフスタイルが変わったことですね。具体的に言うと、初産年齢が遅くなったこと、子どもを産む数が少なくなったこと、子どもを産まない人が増えたことなどです。

乳がんは乳腺にできるがんですが、子どもを産んで授乳をすることによって、乳がんになりにくい乳腺になってくるんです。若くして何人も産めばより早く、より強く乳がんになりにくい乳腺になるんですよ。もちろん、早く子どもを産んだから絶対大丈夫というわけでもありませんが、現代女性のライフスタイルでは乳がんのリスクは高まっていると考えられます。また、閉経後の肥満、運動不足、過度の飲酒、喫煙などが乳がんのリスク要因ですが、これら要因が乳がん急増の直接的な原因とは、現在発表されているデータだけでは考えられません」

──もし乳がんになってしまった場合、初期段階で見つけることが重要だと思うのですが、どんなことに気を付けたら良いのでしょう?

「まず、乳がんは遺伝の要素も大きいので、血縁関係で乳がんになった人がいる人は、意識して検診を受けておいてください。ただ、マンモグラフィは放射線被爆のリスクもあるので、若い方は超音波検査をメインにした方が良いかもしれないですね。あと、お風呂で乳房を洗う時は、石鹸を付けて自分の手で洗う習慣を付けてください。右手で左乳房を、左手で右乳房を洗うと、しこりに早く気付きやすくなります。また、乳房に引きつれがないか、乳首から出血していないかなどに注意してみてください。日々の習慣にすることで、乳がんだけでなく、他の病気にも早く気付けるようになると思います」

──実際に乳がんが見つかった時は、どういう風に治療していくのでしょうか?

「まずは外科的に、がんを切除することが肝心です。がん巣の拡がりに応じて、乳房の部分切除あるいは全乳房切除を行います。ワキの下のリンパ節に転移がある場合にはリンパ節の郭清術も行います。最近では抗がん剤でがんを小さくしてから切除することもあります」
──抗がん剤というと、手術のあとに使うイメージでしたが、先に使用する場合もあるんですね。

「そうですね。今は『このがんにはこの抗がん剤が効く』ということがかなりよくわかるようになってきましたので、先に抗がん剤を使用してがんを小さくできれば、部分切除で乳房を残せる可能性が高くなります。ただ、手術だけですべてのがんを取りきれるとは限らないので、予防的に抗がん剤治療を行って再発を防ぐことが重要です」

──抗がん剤にはすごく辛いイメージがありますが、やはり大切なんですね。

「多くの人が思っている、髪が抜けたり気持ちが悪くなったりして大変……という抗がん剤治療ですが、最近では副作用を防ぐ治療法も進歩したので、以前に比べたらずいぶん楽になっていると思います。また、乳がんにはホルモン療法という副作用の軽い治療法もあり、10年間の服用が勧められています。今ではがんのタイプによって治療法が選択されます。再発を防ぐためには抗がん剤治療は必要です」
日本人女性のうち12人に1人がかかると言われている乳がん。現在は、抗がん剤や再建手術もどんどん進化しているけれど、早期発見・早期治療が最も大切とのお話でした。正しい知識を身につけ、自分の体をよく観察しておくことで、早く病気を見つけることが何より大切な予防方法なんですね。

(きたざわあいこ+ノオト)

関連記事