意外な落とし穴!? iPhone7を購入した人々の嘆き

意外な落とし穴!? iPhone7を購入した人々の嘆き

あれ? 思っていたのと違うかも……
9月16日に発売したiPhone7。毎度のことながら、発売当日はアップルストアや携帯電話ショップに行列ができましたね!

そんなトレンディなiPhone7ですが、購入した一部のユーザーからは「え、何コレ?」、「思っていたのと違う……」と言った声もあがっています。今回は、そんなiPhone7ユーザーの嘆きをご紹介します。

■ジェットブラックは傷つきやすい&指紋が目立つ!

「iPhoneのデザインが好きなので、ケースは付けない派ですが、ジェットブラックは本体がかなり傷つきやすくて驚きました……。使い始めたその日のうちに傷ができてしまい、速攻でケースを購入。あと指紋も目立ちやすいです」(28歳・会社員)

一番人気の新色、ジェットブラック。つるっとした光沢のある表面が特徴ですが、これが傷つきやすいと話題になっています。また指の跡もべたべたついて目立ってしまうのだとか。あまりに気になってしまう人は、ジェットブラックよりもマットな素材のブラックを選んだ方が良いかも。

■シャッター音が大きくてびっくり

「ずっとiPhoneユーザーでしたが、iPhone7のシャッター音が大きくなったなと思いました……。写真やスクリーンショットを撮る度にびっくりしちゃいます」(30歳・ライター)

ステレオスピーカーを搭載したiPhone7のオーディオ出力はiPhone6sの2倍。ダイナミックな音で音楽を楽しめるのは良いですが、シャッター音も大きくなっているそうです。盗撮防止のため……というのはわかりますが、普段使いでびっくりしてしまうのはちょっと困りますね。

■お気に入りのスマホケースを使えない……

「iPhone6からiPhone7に変えました。サイズは同じなのに、カメラのレンズの大きさや位置が違うので、同じスマホケースを使えないのが残念。お気に入りだったのに……」(24歳・家事見習い)

同じサイズのはずなのに、位置がちがうので、ケースのカメラ窓が大きくズレてしまうんだとか。ユーザーの中には、手持ちのiPhoneケースのカメラ窓をiPhone7に合うように削って、装着しているというツワモノも。

■イヤホンジャックがない!

「音楽やラジオをよく聴くので、イヤホンジャックがなくなったのはイタイです。手持ちのイヤホンが使えなくなって正直、不便! ヘッドフォンジャックアダプタで、今までのイヤホンも使えますが、音質は良くないですね」(22歳・学生)

イヤホンジャックが廃止になり、音楽を聴くためには、充電部分に繋げるLightning端子のイヤホンやBluetoothイヤホンを使う必要があります。もちろん、Lightning端子のイヤホンは充電しながらだと使えません。また付属のヘッドフォンジャックアダプタを使えば、従来のイヤホンも使えますが、アダプタを持ち歩かなくてはならないことや、音質の劣化に嘆く声がユーザーからあがっているようです。
最新モデル、iPhone7。デザインも機能も新しくなって、うれしい声がある一方、実際に使ってみると気になることも多々あるようです。もしiPhone7への機種変更を考えていたら、自分がiPhoneに求める条件などを洗い出して、よく吟味するようにしてくださいね!

(阿部綾奈/ノオト)

関連記事