実は臭ってる!?  口臭チェックリスト&臭いをすぐ消す方法

実は臭ってる!?  口臭チェックリスト&臭いをすぐ消す方法

口臭を気にする女性は多いけど、自分の口臭はなかなか気付かないもの。他人の口臭を指摘しにくいのと同じで、もし自分に口臭があっても指摘してくれる人はほとんどいません。だからこそ、自分自身で気を付けるしか方法はなさそうです。

そこで今回、自分の口臭に気づくためのチェック方法をまとめてみました。あなたも今すぐチェックしてみましょう。

■今すぐ確認! 口臭チェック方法

1 )手首をなめて、乾いた時に臭いを確認してみる
2 )マスクをして、1分ほど口から息を吐き、マスクの臭いを確認してみる
3 )ビニール袋に息を吐き、30秒~1分後に臭いを確認してみる
4 )ティッシュで舌苔(舌の表面の白いもの)を拭き取り、乾かした後、臭いを確認してみる
5 )歯磨き終了後に、再び歯ブラシで歯を磨き、歯ブラシの臭いを確認してみる

臭いの度合いにもよりますが、1つでも「クサイ」と感じたら、口臭要注意ですよ!

■外で臭いが気になった時はどうしたら良い?

ふと口臭が気になっても、急いでいる時や出先では、ちゃんとした口臭ケアはできませんよね。そんな時でも簡単に行える応急処置を紹介します。

【ガムを口の中で転がしてみよう!】

噛むのではなく、口の中で転がすのがポイントなので、板状のものではなく粒状のものがおすすめ。重要なのは、唾液を分泌させること。口の中に新しい唾液が多くあることで、口臭の発生を抑えられます。ガムを噛まない方が異物と認識するので、多くの唾液を分泌させることができますよ。


【水を飲んでみよう!】

体内の水分が少なくなると、唾液の分泌も促進されません。普段から適度な水分補給を心がけましょう。ねばねばする口の中を洗い流すように飲むのが◎。緑茶やコーヒーは利尿作用があるとされているので、逆に唾液が減ると言います。飲むなら水がベストですよ。

【唾液分泌体操をしてみよう!】

唾液が少ないことが口臭の原因になるのならば、唾液の分泌が良くなる体操をしてみましょう。

1 )舌をべーっと出して引っ込めるを5回繰り返す
2 )左右の口の端を舌でタッチするのを5回繰り返す
3 )舌でくちびるを5周、ゆっくりとなめる

これだけで唾液の分泌が良くなりますよ。一時的にも効果がありますが、毎日行えば舌の筋肉も鍛えられ、唾液が出やすくなります。

どんなにきれいに着飾っていても、口が臭いと幻滅ですよね。自分は大丈夫! と思っていても、知らないうちに周りに迷惑をかけているかもしれません。エチケットとしても、自分の口臭はしっかりケアしたいですね。まずは、セルフチェックから試してみて!

(やまかわきよえ+ノオト)

関連記事