【豆知識】今年最後の半影月食が17日の夜に見えるチャンス

【豆知識】今年最後の半影月食が17日の夜に見えるチャンス

満月の夜に空を見上げてみよう
17日の夜は満月! でもただの満月ではないことをご存知ですか?
明日は「半影月食」が起こる少し特別な日。お馴染みの「皆既月食」は、月が地球の影に隠れて完全に見えなくなる状態ですが、半影月食は地球の影(本影)の周りにある少し薄暗い半影にのみ、月が隠される現象のことなんですよ。

■でも実は見えづらい…

しかしこの半影月食、皆既月食のように月が見えなくなるようなわかりやすいものではなく、月の一部がわずかに暗くなるだけという大変見えづらいものなんです。

■今年は年に3回も見えたレアな年!

2016年は3月23日、8月18日、そして9月17日と3回も半影月食を見るチャンスがありましたが、本来は数年に一度の割合でしか見ることのできない貴重な現象なんですって。

■いつ起こるの?

欠け始めは午前1時50分ごろ、最大は3時54分ごろ、そして欠け終わりは5時55分ごろとかなり深夜になっています。比較的見やすいのは欠け始めから最大の間の時間ですが、それでもやはり肉眼では見えづらいので、写真に撮って見比べてみるのが良いかもしれません。

今回はあまり気付かれにくい天体ショーですが、知っておくだけでも他の人よりちょっとだけ得した気分になりますよ。たまには空を見上げて、ロマンあふれる宇宙に思いを馳せてみてくださいね。


(西田タニシ+ノオト)

関連記事