今すぐその習慣を見直して! キレイなバストの育て方

今すぐその習慣を見直して! キレイなバストの育て方

ちょっと変えるだけ!
女子なら、サイズに関わらずバストにまつわる悩みが尽きないもの。実は普段の無意識にしている習慣をちょっと変えるだけで、キレイなバストができるんだそう。どんな習慣がNGなのか、チェックしてみましょう。

■カップ付きインナーに頼りすぎる

カップ付きインナーは便利でラクだけど、バストを支える力が弱く、バストの揺れをおさえ切れないのが欠点。日常的に使用していると、バストを支えているクーパー靭帯が伸びたりして、バストの形崩れや下垂を招く原因に。

楽ちんなカップ付きインナーですが、頼りっぱなしはNG! 活動的な日はしっかり胸を支えてくれるブラジャーを着けましょう。家でリラックスしたい時、簡単なストレッチをする時など、シーンや時間を決めて使ってみて。

■日常的に睡眠不足

胸を育てる成長ホルモンは睡眠中に活動するものだし、睡眠不足だとホルモンバランスが崩れる可能性も。7時間半程度しっかり睡眠をとるのがベター。難しい場合も寝始めて3時間は起きる必要がない環境を確保して。

10代じゃなくても大事だった成長ホルモン! そして、美肌にも効くとされている睡眠。ちゃんと眠って、美しく健康になっちゃいましょう♪

■カラダを冷やす

冷えるとおっぱいに栄養が届きにくくなるだけでなく、女性らしさをつくるホルモンにもあまりよくありません。体温が36.5度以下になると、自律神経の働きが鈍くなると言われ、女性ホルモンを分泌する子宮や卵巣もうまく働きません。

ドリンクはいつも氷たっぷり〜な人や、家の中ではいつも裸足という人は、なるべく常温の飲み物を飲んだり、お風呂は湯船に浸かったりして温まる努力をしましょう。

低体温は、体の他の部分にも影響が出やすいとされています。放置せず、カラダを温める食事をとったり、適度なストレッチを行なったりして血行を良くするようにしてみて。

NG習慣がたくさんあった……という人はむしろラッキー。今から普段の生活習慣を少し変えるだけで、キレイなバストが育ち始めちゃうかもしれませんよ☆ 美乳は1日にしてならず。コツコツ頑張りましょう♪

(田中いつき+ノオト)

関連記事