朝付けた香水をできるだけ長持ちさせる小技

朝付けた香水をできるだけ長持ちさせる小技

良い香りの子がしているコト☆
出掛ける前に付けた香水。でも、香りがすぐになくなる気がするって人は、もしかしたら付け方が間違っているのかもしれません。外出中に何度も付け直すのは大変ですよね……。香水を長く上手に香らせられるレディになるため、付け方をチェックしましょう。

■まず、香水の種類を知ろう

香水には大きく4つ種類がありますが、実はそれぞれで香りの持続力も違うって知っていました?

【オーデコロン】
ライトな付け心地のオーデコロン。「面で付ける」と言われています。イメージは、肌から10cmほど離してスプレーをシャワー感覚で吹きかける感じ。エタノール濃度は1〜5%で、持続時間は約1〜2時間程度。

【オーデトワレ】
オーデコロンよりもやや濃く香るのがオーデトワレ。こちらは「線で付ける」と言われていて、細く伸ばすようなイメージで付けましょう。エタノール濃度は5〜10%で、持続時間は約2〜5時間程度。


【オーデパルファン】
しっかりとした香りがあるのがオーデパルファン。こちらもオーデトワレと同じく「線で付ける」と言われています。エタノール濃度は10〜15%で、持続時間は約5〜12時間程度。


【パルファン】
一番香りの強いパルファンは、価格も高め。「点で付ける」と言われていて、1〜2滴を肌にチョンと付けるのがポイント。エタノール濃度は15〜30%で、持続時間は約5〜12時間程度。


長く香らせたいけどあまり香水に慣れていないという方は、オーデパルファンから選んでみましょう。

また、香水は家を出るギリギリに付けるほうが長く香りそうですが、付けたては香りが濃過ぎるので、出掛ける30分前に付けるのがエチケットですよ。

■長持ちさせる付け方って?

それでは長持ちさせるコツも見ていきましょう!

【シャワー後に付ける】
汗をかいている肌に付けると香りが混じって、思っていたのと違うニオイになってしまいます。清潔な肌に、新鮮な香りを付けましょう。

また、シャワーを浴びたあとの少し湿った肌に付けることで、香りが密着して長持ちするという利点もありますよ。

【保湿クリームで持続アップ!】
乾燥し過ぎた肌では、香りの持続が低下します。そこで、ワセリンや無香料のボディクリームがお役立ち。保湿クリームを塗った上から香水を吹きかけると、香りが肌に密着するのです。

【脈が近い場所に付けると◎】
温度が高いほうが揮発しやすいので、血管の近くに付けるのがコツ。耳の裏、腕の内側、手首、肘、腰、お腹、ひざの裏が有名ですが、どれも触ってみると皮膚が薄いことがわかりますよね。

手首に付ける場合はこすってしまう人が多いですが、香りがつぶれてしまうのでこすらないように注意を!

【2〜3カ所に分散させて】
上半身なら2〜3プッシュ、下半身なら5〜7プッシュしても良いと言われています。

香水屋さんに聞いたところ、「うなじと手首に、合わせて2〜3プッシュで良い」と教えてくれました。人の鼻に近い上半身は、香りが強く届くのでこの程度で良いようです。

下半身は、のぼってくるようにほのかに香ります。強い香りが不安な人におすすめ。

また、上半身に2カ所、下半身に1カ所と、付ける場所を分散させるのもバランスが良いですよ。いろいろな部分に付けて出掛けてみて、マイベストを探ってみましょう!


持続時間は香水の種類でだいたい決まっていますが、ベストな状態でできるだけ長く香らせるのは自分次第! ぜひ参考にして、良い香りの女子になりましょう☆


(西田タニシ+ノオト)

関連記事