もー最悪!! 忘れたいキスの思い出を吐き出してみた

もー最悪!! 忘れたいキスの思い出を吐き出してみた

口が臭いのは本当にトラウマ…
すっかり日が暮れて、彼との楽しいデートももう大詰め。ロマンチックな夜景を眺めながら、とろけるような甘〜いキス……なんてドラマのようなシチュエーションを夢見ている女子のみなさん。

現実のキスは、そう甘くはありません。この世には、記憶から抹消したくなるキスも存在するのです……。今回は、そんな百年の恋も覚めるような最悪なキスの思い出エピソードを集めてみました。

■クッサ!! トラウマの口臭キス

「いい感じの彼とデートしていて、夕飯のお店選びで『餃子は臭くなってキスできないからな〜(笑)』なんて楽しく会話していました。しかし、最終的に彼が選んだお店は、もつ鍋屋……。料理は、にんにくたっぷり&ニラ山盛り。餃子はNGだけど、もつ鍋はOKと思っていたみたいです。初めてのキスは最悪のニオイでした」(24歳・モデル)

「一緒に食事をした時に、彼が生のネギを食べていたんです。まぁ彼が食べること自体は良いんですけど、私、ネギがすごく嫌いでニオイもダメなんです。特に生のネギって臭いでしょ。で、家に帰ったら彼がキスしてきたんです。『本当にネギのニオイがダメだからやめて!』って言ったら、無理やり長々とキスされて、辛すぎて泣きました」(28歳・会社員)

キスの前の食べ物は超重要! 他にもタバコやコーヒー、お酒なども注意が必要です。できればマウスウォッシュやブレスケア用品を使ってからキスしてほしいですね……。

■恐怖すぎる強引キス

「年上の彼との初デートは、地下にある隠れ家バーでした。しばらく話し込んでお会計。いざ店を出て地上への階段を登っている時、前を歩いていた彼が急に振り返り、数段後ろにいる私の顔を目がけて急発進! あまりに予想外の展開に顔がこわばってしまい、彼の唇を歯で受け止めてしまいました……。しかも、バランスを崩して後方によろけてしまう始末……。その場では笑うしかありませんでしたが、あまりにアクセル全開の強引なキスに、ただただ恐怖を感じました」(25歳・会社員)

「彼氏や友人たちとの飲み会の帰り。調子に乗って飲み過ぎてしまい、気分が悪くなっていました。早く帰りたいと思ってふらふら歩いているところで、酔った彼氏が無理矢理キスしてきました。拒んでも力敵わず……。こっちは吐きそうなくらい気持ち悪いのに!」(22歳・学生)

無理矢理のキスは本当に最悪! 「ちょっと強引なくらいが良いんだろ」と思っている男は引っ叩きたくなりますね。特にお酒を飲んでいる時は注意しましょう。

■まだまだある! みんなの最悪キスエピソード

「キスのついでに鼻の下ベロってしてくる人。自分おちゃめ☆ と思っているのかもしれないけれど、死ぬほど臭い」(28歳・会社員)

「中学生のころ、付き合っていた彼。お互いが初めての恋人で、部活帰りにぎこちないファーストキスをしました。が、彼の唇がガッサガサに乾燥していて、私の唇が切れてしまい……。ファーストキスは血の味がするという残念な結果に終わりました」(26歳・看護師)

「小学校の時の初恋の人と、大人になって同窓会で再会して、それからよく遊ぶようになりました。ある夜に学校の校庭を散歩している時にふとそんな雰囲気になってキス……だったのですが、その男、漫画のように私のアゴを持ってきたんです! これをステキという人もいるけど私はサーッと熱が冷めました。アゴは取っ手ではない!!」(31歳・出版)

キスは、お互いの気持ちが1つになる瞬間。どちらかが少しでも嫌だと感じてしまっては、それは最悪なキスになってしまいます。しっかりとコンディションを整えてから、素敵な思い出になるキスができるよう心がけましょう!

(阿部綾奈/ノオト)

関連記事