夏の風物詩★ 今年のペルセウス座流星群が極大で見物!

夏の風物詩★ 今年のペルセウス座流星群が極大で見物!

夏の夜空、星に願いを…
毎年この季節にやってくる「ペルセウス座流星群」。今年はいつもより特別だって知っていましたか? ちょっと夜更かししてでも、見る価値アリなビック天体ショーです!

■ペルセウス座流星群って何?

年に何度かやってくる流星群。その中でも「ペルセウス座流星群」は毎年8月12日〜13日ごろにやってくる流星群です。

ペルセウス座流星群は、とても観察しやすい流星群です。毎年、ほぼ確実に、たくさんの流星が出現することがその理由のひとつです。1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」とともに「三大流星群」と呼ばれています。

お盆休みとぴったりなので、ちょっと夜更かししてみても問題なし♪ これはぜひ見てみたいっ!

■今年は何が特別なの?

星の観測は、その日の条件によって見え方が大きく変化します。雲が晴れているかはもちろん、月の明るさ、位置、時間に影響されるのです。その中でも今年のペルセウス座流星群はとっても好条件で見ることができるとこのと。どうしてでしょうか?

条件がよい理由のひとつは、8月11日が上弦のため、夜半頃に月が沈むことです。その後は、月明かりの影響がない暗い空で観察ができ、暗い流星まで見ることができます。
もうひとつの理由は、極大が日本時間の8月12日22時頃と予想されており、日本で流星を観察しやすい時間帯に近いことです。
また、今年は普段の年よりも流星群の活動が活発で、例年より多くの流星が見られるかもしれないという予想もあります。

このように今年は良い条件が揃った年になっており、例年以上に観測がしやすくなっているそうなのです! 条件が良ければ1時間あたり40個以上の流星が見られるといわれているペルセウス座流星群。想像するだけで、なんだかワクワクしてしまいますね。

■見る時のポイント

流星群を見るポイントは一定の方角を向くのではなく「空を広く見渡す」こと。広場や河川敷の視界が開けている場所が理想的です。住宅地や自宅ベランダから見たい場合は、町灯りや月明かりが影響しない方向や天頂を眺めると見つけやすいそうですよ♪ 近くに広い場所なんてないなぁ……とがっかりせずに、とりあえずベランダに出てみましょう! 意外と見やすいスポットが見つかるかも?

また見る時は夜空を15分くらい見上げて、目が暗さに慣れるのを待ちましょう。目が慣れれば、流れ星に気付きやすくなるそうですよ。

■マナーを守って素敵な夜にしましょ♪

暗い中の外歩きは危ないので、観測に出掛ける時は注意も必要です。

・観察場所によっては蚊の襲来に悩まされることがあります。虫除けを用意しましょう
・大騒ぎしない、車や足下に注意する、子どもだけで行動しないなどマナーや安全にもじゅうぶん気をつけましょう

楽しむためにもマナーやルールはきちんと守って行かないといけませんね。蚊に刺されるのもせっかくの気分が台なし。きちんと対策して外に出掛けましょう。


詳しく知れば知るほどワクワクするペルセウス座流星群。筆者も今夜、庭に出て探してみようと思います。年に1度だけの天体ショーを、夏休みのイベントに加えてみてはいかがですか?


(あきやまさとみ+ノオト)

関連記事