ただの水にひと手間加えるだけ★ 驚きの水ダイエット3選

ただの水にひと手間加えるだけ★ 驚きの水ダイエット3選

あなたに合うものはどれ?
モデルが体型維持のために1日2Lの水を飲むという話はよく耳にしますが、ただ普通の水を飲むだけって大変ですよね。実は2Lの水を飲まなくても、水にほんのひと手間加えるだけで効率的にやせられる「水ダイエット」があるんです。

■シュワシュワおいしい! 「重曹レモン水」

スライスレモン、または適量のレモン果汁と、重曹小さじ1をコップ一杯分のミネラルウォーターに入れるだけの、超お手軽ダイエット水。レモンには酸味のもとであるクエン酸が含まれており、これが重曹と反応して発砲するので炭酸水になります。

なぜこれがダイエットにオススメなのかというと、炭酸による満腹感から食べ過ぎを抑制するから。また、クエン酸は疲労物質である乳酸を分解するため、代謝機能アップに期待できるといいます。飲むタイミングは食事中が一般的におすすめとされていますので、ぜひお試しあれ。

■見た目も超オシャレな「デトックスウォーター」

少し前にデトックスウォーターが流行りましたが、あれは理にかなったダイエット法。フルーツにはビタミン類のほかカリウムが含まれており、これが余分な塩分などを尿として排出しデトックスするのに一役買っているのです。

作り方はいたって簡単。カットしたキウイフルーツやレモン、オレンジ、イチゴなどをミネラルウォーターに入れるだけ。4時間は浸す時間が必要なので、夜に作って朝飲むのが良さそうです。

毎朝の1杯にプラスして、あとは間食代わりに。24時間以内に飲みきりましょう。見た目も華やかで透明のボトルに入れて職場に持っていけば注目されちゃうかも!

■あずきの煮汁をのむだけ! 「あずき水ダイエット」

その名の通り、あずきの煮汁(無糖)を飲むだけの超お手軽ダイエット。カリウムはもちろんのこと、サポニンやポリフェノールなど美容やダイエット効果が期待できる成分を摂取することができると美容大国・韓国で話題になっています。材料はなんと、あずきと水のみ! 作り方は次の通りです。

【作り方】
(1) 小豆を水で洗い、10時間水につけ置きする。あずきと水の比率は「1(g):15(ml)」。
(2) 10時間つけたら、そのまま小豆と水を強火で沸騰させる。
(3) 沸騰したら30分ほど茹でる。
(4) アクを取り除きながら茹で終わったら、冷ましてから容器に移し、冷蔵庫で保存。

これを1日3回、食事の30分前に200mlくらい飲むだけ。実際に飲んでみた人によると、「さっぱりしたお汁粉みたいな味かと思って飲んだら、とにかくマズすぎる!」とのことでした。やはりダイエットは苦難がつきものですね。

■筆者が試して効果があった水ダイエット法

かくいう筆者も万年ダイエッター。家ではミネラルウォーターを常飲しています。お腹が鳴った時ほどやせやすいというので、お腹が鳴った時は食べ物ではなく水で満たし、やせやすい状態をキープしていました。これでお腹の音も鳴り止みますし、2kgくらい落としたこともあります。

また、料理用の重曹とクエン酸を購入し、自宅でオリジナル炭酸水を作ってみたことも。市販の炭酸水より炭酸が抜けるのが早いですが、ただの水より腹持ちは良かったです。みなさんもぜひ上記のポイントと併せて試してみてくださいね!

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事