川越氷川神社 縁むすび風鈴

川越氷川神社 縁むすび風鈴

OZネタ イベント

昔ながらの街並みを残す川越へ、涼しげな音色と良縁を探す旅

都心から1時間ほどで行ける小江戸・川越。江戸時代に城下町として栄えた場所で、蔵造りの街並みが風情のある人気の観光スポット。そんな川越の中でも歴史ある「川越総鎮守川越氷川神社」では、2年前から祭事として「川越氷川神社 縁むすび風鈴」を開催。
今年は8月31日(水)まで開催していて、約2000個のカラフルな風鈴を展示。風鈴は神様が通ると吹く“風”を音によって伝えてくれるものと言われていて、さらに、風鈴の音色で感じた風に思いや願いをのせる、という意味があるそう。
昔から“縁結びの神様”として信仰されている氷川神社だから、恋や仕事などの縁に、よりご利益がありそうなこの祭事。涼を感じられる催しで、さらに縁結びができるからきっと楽しめるはず。

情緒ある風鈴に囲まれて、浴衣を着たらよりフォトジェニックに

祭事のシンボルは「縁むすび風鈴回廊」。無数に吊るされた11色の鮮やかな風鈴の下は通れるようになっていて、目と耳で幻想的な雰囲気が感じられる場所。昼間の日の光が風鈴に射し込む様子もきれいだけど、夜もオススメ。19時~21時まではライトアップされて、ますますロマンティックな雰囲気に。
また、境内の各所に設置された「竹毬風鈴オブジェ」やライティングによって変化する風鈴の色彩が楽しめる「風鈴小路」など、見どころが満載。さらに、風鈴に囲まれながら腰を下ろせる「風鈴縁台」は写真を撮るのにぴったり! 蔵造りのエリアには、浴衣をレンタルしてくれるお店もあるので、浴衣を着て訪れれば、より日本の夏らしさが楽しめそう。

風鈴に見立てたグッズやグルメで、ご利益や思い出をお持ち帰り

縁結びの神社に行くならゲットしたいのが、お守り。祭事の期間限定で登場する「縁むすび風鈴のお守り」は、ころんとした丸いフォルムで、かわいらしい柄をプリントした11種類。また、神社の隣にある「むすびcafe」では、てぬぐいや豆皿といった、お土産や記念にぴったりなオリジナルグッズも売っているから、旅の思い出にいかが?
「彩り風鈴」486円
もちろんカフェだから、スイーツをいただきながら休憩するのもOK。おすすめは風鈴に見立てたうつわに、層になったソース、ムース、ゼリーが入った「彩り風鈴」。こちらで、グルメでも涼を味わうのもいいかも。


この祭事は、「川越という街をもっと盛り上げたい」という神社の思いがあって始まったもの。美しい街並みやほかの神社仏閣、サツマイモを代表するグルメなど、川越の魅力も一緒に楽しみに、ぜひ訪れてみて。

関連記事