初心者OK! オーブン不要のビスケットケーキがおいしい♪

初心者OK! オーブン不要のビスケットケーキがおいしい♪

簡単だけど、ちゃんとケーキ!
ケーキを手作りって憧れますが、手間もたくさんかかるし、オーブンも必要で大変なイメージがありますよね。そこでオススメしたいのが、市販のビスケットを使った「ビスケットケーキ」というスイーツ。お菓子作り初心者でもおいしいケーキができるんだとか。さっそく筆者も作ってみましたよ♪
材料はビスケット(今回は森永のMARIEを使用)、生クリーム、砂糖、コーヒー、ココアパウダーです。さらに、ボールを2つ(大・小)とお皿を1枚、用意します。
まずは生クリームを準備します。良く冷やした生クリームに砂糖を加え、泡立て器でホイップを作ります。水と氷を入れた大きめのボールに生クリームを入れた小さめのボールを浮かべながら泡立てると早くホイップができます。
ビスケットはあらかじめ、コーヒーに浸しておきます。今回はインスタントコーヒーを使用しましたが、豆から淹れても、缶コーヒーなどでも大丈夫ですよ。ビスケットが甘めなので、筆者は無糖にしましたが、お好みの甘さにしてくださいね。
「ビスケットをコーヒーに浸す→生クリームを塗る」という手順をお好みの量だけ繰り返します。
小さく作る場合はビスケットを縦に重ねていく方法が、大きく作る場合は横長に作っていく方法がおススメです。 好きなだけ 重ねたら外側にも生クリームを塗っていきます。 なるべく同じ厚みになるようにすると完成した時に断面がきれいですよ。

生クリームを塗り終わったら、5~6時間以上冷蔵庫へ入れておきます。この時間で堅かったビスケットにコーヒーと生クリームの水分が染み込み、適度な柔らかさになるんだとか。
ココアパウダーを振って完成です! サクサクだったビスケットがフワフワになっていて、びっくり。包丁で簡単にカットできました。意外とコーヒーの風味がしっかりあって、言われなければ元がビスケットだとは気付かないかも!
縦に積んだ小さめのものも作ってみました。ビスケット6枚でも結構なボリュームになりました。

ビスケットをコーヒーに浸すのではなく、牛乳に浸して旬のフルーツやジャムを添えてもおいしそうですよ。火を使わずにできちゃうビスケットケーキ。少量から作れるのも魅力的ですね。いろんな材料を組み合わせて作ってみて♪


(田中いつき+ノオト)

関連記事