何とかしたい! 友だちへの嫉妬心から解放される方法

何とかしたい! 友だちへの嫉妬心から解放される方法

友だちの結婚や出世、素直に喜べる?
誰だって友だちに妬み嫉みの感情を抱いてしまう瞬間があるもの。SNSで日夜繰り広げられる結婚報告や「仕事しました」自慢、リア充アピールなど、あなたは素直に羨ましがれますか?

特に女性は「ブスのくせに」「美人だけど」など、何かと理由をつけて相手をこき下ろしてしまうほどに嫉妬してしまう一面も……。そんなドロドロの感情とどう向き合えば良いのか、解決法をご紹介します。

■解決法その1「相手の一部しか見えていないことを知る」

嫉妬心は羨望の進化系。羨ましいで終われば相手を祝福することも賞賛することもできます。それができなくなる状態が嫉妬です。自分にはないもので相手が手に入れたものも、時に嫉妬心が湧いて出てきますよね。

ですが、相手は何かを得たと同時に何かを失っているかもしれません。「給料アップした=仕事が多忙、上司からの期待値が大きくプレッシャー」「結婚した=1人の自由な時間を楽しむことが減る」など、何も良い面ばかりではありません。

つまり、相手の表面的な部分だけを見て嫉妬しているに過ぎないのです。相手だって無条件で何かを得続けているわけではありません。自分は相手の一部しか見えていないことを知ると、煮えたぎった嫉妬心を羨望に戻すことができるでしょう。

■解決法その2「嫉妬心から人生の目標を見つける」

嫉妬するということは、自分にはないものを知ることでもあります。それは同時に、自分が欲しいものを知る、なりたい自分を知ることでもあるんです。

自分に足りない部分は何か、今後自分はどうなりたいか、嫉妬心はそういった気づきを与えてくれます。嫉妬した時の苦い気持ちを原動力にして、自分もそうなれるよう努力すると良いかもしれません。しかも良いお手本がすぐそばにいますよね。そう、その嫉妬した相手を参考にすれば良いのです。ある意味、自分の人生の目標が手に入るわけですから、嫉妬することも悪いことばかりじゃないですね。

■解決法その3「妬みは尽きないから持っているもので勝負する」

たとえばスレンダーな友だちに嫉妬して一生懸命ダイエットをしたとします。功を奏して見事スレンダーボディを手に入れた途端、今度はすごく肌がキレイな友だちに嫉妬し、入念なスキンケアでピカピカになっても、さらに合コンでモテるブスな友だちにひがんで……と、次から次へと嫉妬は湧いて出てきます。向上心が強い女性ほど、そうなるのかもしれません。

つまり、妬み嫉みは永遠に繰り返す感情なのです。嫉妬心が止まらない時は、「あの子は〇〇を持っているけど、私には△△がある」と、自分の良いところを認めてあげましょう。ない物ねだりをするばかりではなく、すでに手にしているものの価値を再認識することが大切です。相手と同じ土俵で勝負することばかりではなく、自分が輝ける場所を見つけることも◎。
いかがでしたか? 嫉妬心から解放されるには「端から諦めること」という手段もあります。ですが、上記の通り嫉妬心がもたらす良い効果もあるので、上手に気持ちと向き合ってみてくださいね。

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事