告ってきたのに何なの!? 付き合い出すと冷たくなる男子の心理とは

告ってきたのに何なの!? 付き合い出すと冷たくなる男子の心理とは

ワケわかんない!
そこそこ気になっていた男子からの告白。「やったー!」と思ったのもつかの間、なんか告白する前より反応が冷たくなったような……なんて経験や話を聞くことはありませんか? こんな時、男子はいったい何を考えているのでしょう。心理のパターンを調べてみました。

■趣味にお金と時間をかけるタイプだった

PCが好き、とか、バイクが好き、ブランド物が好き、楽器が好き、など、やたら自分の身の回りのものにお金をかける男。そういう男は、自分のことに頭がいっぱいで、釣った魚に餌をやりません。デートなどのとき、やたら一緒に写ろうとしたり、「オレの写真とって」という男は怪しいです。

自分大好き男子は自分のことで頭がいっぱい。趣味にお金も時間もかけてしまうので、既に手に入った彼女のことは後回しになりがちなんだとか。きっちりこちらを向いて欲しいことを伝えた方が良さそう。

■そもそも、ゴールが違う

男性にとって、女性と深い関係になったということは、イコール『もうエサをやらなくてもいいなぁ』と言うことなのです。そしてエサをやらなくてよくなった女性と長い間一緒に居ると、次第に男性は他の女性へと目を移し始めます。これを『クーリッジ効果』というのですが、男性がついつい浮気してしまうのも、このクーリッジ効果が関係していると言われています。

関係を深めるところがゴールなのが男子の心理なんだとか。一方で関係を維持することに目的がある女子とすれ違いが生じるのは当然のことですね。こちらも、それでは不満だということを、きちんと伝えて改善策を練る必要があるかも。また、ゲットすることが目的で浮気を繰り返してしまうような男子とは早々にお別れしたほうが良さそう。

■餌をやっているつもり!

あなたは自分のことを「釣った魚に餌をやらないタイプ」だと思いますか?(中略)男性159人に聞いてみたところ、自分自身を「釣った魚に餌をやらないタイプ」だと思っている男性はわずかに19人でした。

男子からすると、自分としてはキチンとケアしているつもりなのに……ということが多いのかもしれませんね。これはお付き合いの中で、すり合わせていくしかないのかも。告白するまでの期間はたまたま仕事が忙しくなかったから……なんていうこともありそう。メールやLINEの返事がちょっと遅いくらいで目くじらを立てずに、彼のペースに合わせても良いかもしれません。

彼がどういうタイプかを見極めて、今の恋愛をブラッシュアップするも良し、新しい出会いへと旅立つも良し。より良い恋愛ライフが送れるように、自分なりの答えを見つけてみてください♪

(田中いつき+ノオト)

関連記事