旅行代金最大7割引! 九州旅行で復興支援もできるみたい

旅行代金最大7割引! 九州旅行で復興支援もできるみたい

みんなで地域を盛り上げよう!
熊本・大分を震源とする地震の影響で、九州地方への旅行客が激減。地震後20日間で、被害の大きかった熊本市や阿蘇地方を除いても、九州7県内の宿泊キャンセルは70万件を超えたそうです。

そんな中、政府が九州への旅行の旅行料金を補助する制度を発表したのはご存知ですか?

■どういう制度なの?

気になるのはその制度の内容ですよね。割引率は行きたい県や行きたい時期によって違うのですが、どの地域に行くにもかなりの旅行料金の負担が少ない内容になっているんです。

被害の大きかった熊本県と大分県は7月から9月が最大7割引き、その他の九州5県については最大5割引きなどとなる。県から依頼を受けた宿泊予約サイトや旅行会社が割引きされた旅行プランを販売し、その分の費用として国が県に180億円を助成するという。

国が旅行代金の一部を負担することによって、旅行代金がお得になる制度なんです。国が地域の活性化につながる事業として「ふるさと旅行券」を発行したことはありましたが、地震などの災害で旅行補助の交付金を支給するのは初めてなんですよ。こういった取り組みを行うことによって、減少している九州への旅行客を増やす制度のようです。

■どうやって旅行に行けばいいの?

各地域より委託を受けた旅行会社や旅行予約サイトなどを通じて売り出されます。この制度が実施されるのは7月~12月までの間。いつ旅行に行くかで、割引率も大幅に違ってくるので注意が必要です。

被害の大きかった熊本、大分が7~9月は平均50%、最大70%、福岡、佐賀、長崎、宮崎が平均20%、最大50%の割引になっています。

10~12月の期間は熊本、大分が平均25%、最大50%、その他の県は平均10%、最大40%と早めに行く方がお得になっています。

そして、ひとりで使える割引には上限があるので要注意!!

「宿泊のみの旅行商品」は申込1件につき2万円までの割引、「交通付き宿泊旅行商品」は、1泊2日の場合は一人2万円まで、2泊3日以上で3万円までの割引となり、更に2県以上訪れる場合は3万5千円まで割引されます。

これらの割引は海外旅行客も使用が可能なんですよ。しかし人気商品はすでに売り切れてる場合も……。良いなと思ったら早めに予約したほうが良さそうです。

■具体的なプランが知りたい!

例えば、大手旅行会社ANAから予約を行った場合は以下のような割引が適用されるみたい!

1室あたり6,000円~9,999円は4,000円、1室あたり10,000円~19,999円は7,000円、1室あたり20,000円~29,999円は14,000円、1室あたり30,000円以上は20,000円を一部料金に充当しています。

かなりお得ですよね。今回紹介したのは一例ですが、この他にもJR西日本では名産品が当たるキャンペーン、じゃらんではレンタカーがお得に借りられるキャンペーンが行われているなど、各社から趣向を凝らした商品が用意されているので、各旅行会社や旅行予約サイトチェックしてみて。

さらに、NEXCO西日本九州支社からは九州の高速道路が定額で乗り放題になる「九州観光周遊ドライブパス」が発売されます。実施期間は7月15日(金)から12月18日(日)の間で、8月10日(水)~8月16日(火)の混雑期間を除きます。こちらの割引も使えば、もっとお得に九州を旅行することもできちゃいそう!

旅行客が増えることは地域への活性化へも繋がります。早期の復興を目指して、「旅行」という形で貢献してみませんか?

(まつだあや+ノオト)

関連記事