健康&節電! 正しいエアコンの使い方をおさらい

健康&節電! 正しいエアコンの使い方をおさらい

一番省エネになる風量設定は…?
連日の猛暑、エアコンのお世話にならざるを得ない日が続きますね。エアコンを使っていて気になるのが電気代。ポイントを押さえれば、すぐにエアコンの電力使用量は抑えられるんですよ。早速、ポイントをチェックしてみましょう♪

■部屋が暑い時は、まず換気

お部屋を閉め切って外出したあとなど、お部屋の中の温度が室外より高い場合には、エアコンの運転をする前に、窓やドアを開けて換気してください。お部屋の中の熱気を逃がしてから、エアコンの運転を開始した方が節電につながります。

帰宅して「モワっ」とした空気が部屋に充満しているのは夏あるあるだと思いますが、エアコンのリモコンに手を伸ばす前に、窓を開けて換気しましょう。換気扇を回すのも良いですね。屋外と部屋の温度が同じになってから運転した方が、エアコンは早く効きますよ。

■省エネになる風量設定は「自動」

じつは、風量設定を「自動」にしておくのが一番省エネになりやすい。(中略)エアコンは、スイッチを入れてすぐのときなど「部屋をがんばって冷やしている」状態のときに、多くの電気を使うんだ。「微風」や「弱風」のままにしていると、部屋が冷えるまでの時間が長くなって、結果的によけいな電気を使うことになる。

風が強く吹くと体にも悪そうなんていう理由で、「微風」や「弱風」を使っているのなら、考え直したほうが良いかも。暑い屋外から部屋へ入って、急激に冷えることが心配なら、エアコンの風量の調整するのではなく、体の汗を拭く方が効果的。

■扇風機を併用する

冷たい空気はお部屋の下にたまりやすくなっています。サーキュレーターや扇風機などで空気を循環させて、お部屋の温度ムラをなくしましょう。エアコンの冷房効率が上がります。

循環させるとともに風が吹いてると涼しく感じる効果もあるので、暑がりな彼には少し扇風機の風が当たるような配置にすると、設定温度を変えることなく快適に過ごせます。また、同じ理屈で暑いと感じた時は設定温度を下げるのではなく、風量を増やすと省エネで涼しく感じられますよ。

■フィルターの掃除

エアコン運転中は空気を吸い込むので内部にホコリがたまり、冷房や除湿運転後のエアコン内部の湿度は90%以上のビチョビチョ状態。そして運転停止中の空気の停滞でカビが一気に成長…。実はエアコンのイヤなニオイはカビが原因なんです。

できれば聞きたくなかったカビとニオイの発生理由……。ついつい後回しにしがちですが、こまめにフィルターをお掃除しましょうね。お掃除方法は取扱説明書に書いてありますよ。また、運転停止後にカタカタと自動清掃してくれるタイプも増えているとのこと。スムーズに風が通るようになることで、節電効果も大!
一時期ほど「節電」への呼びかけは多くはありませんが、電気の使用量が少なく、払う電気代が少ないのは単純にうれしいもの。それが環境にもやさしいというのであれば、言うことはありませんね。今年も暑い日が続きそうです。エアコンとうまく付き合って、健康的に、省エネで過ごしたいですね。

(田中いつき+ノオト)

関連記事