老けて見られる原因は首シワだった! 早めにしておきたい対策法

老けて見られる原因は首シワだった! 早めにしておきたい対策法

今日から始めよう!
女性にとって、若さは永遠のテーマ。仕事でなめられたくないから年上に見られたい! という方もいるかと思いますが、必要以上に老けて見られるのも困りものですよね。一体、老けて見られてしまう原因とは何なのでしょう? 

女優さんやモデルさん、一般の方でもトータルな美しさを目指す人にとっては首から胸元にかけてのデコルテケアも常識ですが多くの女性はついつい顔のシワにばかりに気を取られてしまいます。 首に何本もあるシワは全体的にとっても老けた印象になってしまいます。

20代にも増えているという首のシワ!! 確かに、顔は日常的に手入れを行う人も多いけど、首までちゃんと手入れする人は少ないのでは。顔同様に首の手入れもしっかり行わないといけませんね!

首シワを作らないためには、具体的にどんなことをしたら良いのでしょうか?

■合わない枕は首シワの原因に!

まくらの高さは人それぞれ違うもの。立っているときの姿勢を寝ている間もキープできる自然な高さのものを選びましょう。低すぎも、高すぎもよくありません。アゴがあがってしまう高さも首すじ部の筋肉に余計な負担がかかってしまいます。
横向き寝のときは姿勢をまっすぐ支えるために、肩幅分の高さが必要です。

首筋部の筋肉に負担をかけることで、寝ている間にじわじわとシワができていくようです。枕を選ぶ時は、立っている時の姿勢をキープできるものが理想ですよ! また寝返りしても頭が落ちないサイズを選ぶことも重要です。

■紫外線が首シワの大敵!

紫外線が当たることで、首の皮膚が乾燥してシワができてしまいます。そして、シワの間には紫外線が当たりやすくなり、さらにシワが目立つ悪循環が起きてしまうのです。顔だけではなく、首まで日焼け止めをしっかり塗るようにしましょう。

紫外線を浴びるとシワができ、シワができると紫外線の影響を受けやすくなる……これは、負のスパイラルですね……。日差しが強い季節は、紫外線対策をしっかりしてから出掛けましょう!

■首筋のケアは保湿が大事

顔よりも皮膚が薄く、乾燥しやすい首は、徹底的に保湿することです。朝と夜の1日2回の保湿では、はっきり言って足りません! 日中も保湿し、夜、スキンケアをしてから、寝る直前に乳液やクリームをもうひと塗り。夜中、トイレに起きたら、さらに塗るくらい、たっぷりと与えましょう。

朝と夜の保湿だけでは足りない!? 顔の皮膚より薄いと言われれば、そこまでしなければいけない理由もわかります。たっぷりの保湿がきれいな首筋を作りますよ!
他にも、スマホを見るために下を向くなど、姿勢の悪さが首シワの原因になることもありますよ。首は意外と人から見られている部分。暑い季節になると、自然と露出度も高くなります。そんな時に、きれいな首筋を出すことができたらステキですね!

(やまかわきよえ+ノオト)

関連記事