夏も温活が大事! 「粉生姜」で代謝アップ&美肌ゲット

夏も温活が大事! 「粉生姜」で代謝アップ&美肌ゲット

持ち歩いて何にでもかけちゃおう
冬よりも夏の方が太りやすいことをご存じですか? 冬は気温と体温の差が掛け離れているため、体温を維持しようと代謝が上がりやすいのですが、夏はその真逆。代謝がなかなか上がりません。
加えて夏は、冷房による手足の冷えもあり、代謝は落ちる一方……。ダイエットはもちろん、美容のためにも代謝アップを図りたいですよね。

■生の生姜より断然「粉生姜」がイイわけ

そこでオススメなのが「粉生姜」。文字通り、粉末状にした生姜のことで、乾燥させた状態の生姜に含まれる成分「ショウガオール」が、血流を高めて冷えを改善するといいます。これが生の生姜を摂るよりも遥かに代謝促進が期待できるのだとか。

粉末だから小瓶に入れて持ち歩き、いろんなものにかけることもできます。そこで今回は、市販の「粉生姜」や作り方、粉生姜が使えるメニューに味のレポートなどをご紹介。やせたい人、温活美容している人、必見です!

■粉生姜の作り方

粉生姜の作り方の基本は皮ごと薄くスライスした後、1〜3日ほど天日干し、または1週間程度室内干しして完全に水分を飛ばします。風通しを良くしてカビないように注意してください。カリカリに乾いたらジップロックに入れて揉み崩したり、すり鉢ですったり、ミキサーにかけたりして粉末状にすれば完成!

■市販の「粉生姜」を使うという手も!

作る手間を省きたい人は市販の粉生姜がオススメ。比較的スーパーで購入できるものはGABANの「ジンジャーパウダー」、DHCの「ホットな美人の生姜(しょうが)パウダー」などがあります。

■粉生姜に合うメニューは?

粉生姜はさまざまな料理に使えます。例えば、紅茶や味噌汁など飲み物に混ぜたり、生姜焼きやサバの味噌煮に入れたり……。ランチの時、お弁当のご飯に塩と一緒にふりかけて食べるのもおいしいですよ。

■肝心のお味は? 20代女性が試してみた結果……

「牛乳にハチミツと粉生姜を入れてホットミルクにしたら、予想以上にスパイシーな味でした。だけど不思議と違和感なくて、体の芯からポカポカ。寝る前に飲みたい一杯ですね」(26歳・美容)

「サイダーに粉生姜混ぜて飲むとジンジャエールになります。だけど粉末とはいえ、混ざりにくいので喉越しはイマイチですが……。ピリッと刺激的で本格的な大人のジンジャエールなので、ビールを入れてシャンディーガフにしてもおいしかったです」(27歳・出版)

「ラーメンやポタージュなどスープ系はどれも相性が良かったです。他にもマヨネーズにあえてサラダのドレッシングにしたり、お菓子作りの時に隠し味として混ぜたり……。使い勝手が良いからこれからも使い続けられそうです」(25歳・IT)

アレンジ自由な粉生姜。おいしく食事しながらボディケアできるのでぜひお試しあれ。

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事