bills=パンケーキはもう古い!話題のパワーサラダを食べてきた

bills=パンケーキはもう古い!話題のパワーサラダを食べてきた

OZネタ 【グルメ】 トレンドトピックス
billsといえば、パンケーキ。そんな多くの人が持つイメージ、もう古いかも!? 実は、パンケーキやスクランブルエッグ以外にもたくさんの注目メニューがあって、話題のパワーサラダもラインナップ。早速、編集部がbillsで今食べるべきメニューをチェックしてきました!

まずは、さっぱりサラダ感覚でパワーチャージできる「アヒポキサラダ」1400円(写真上)に注目を。

bills流パワーサラダで、夏に負けないスタミナ作りを

春夏に新メニューとしてスタートし、既に女子の熱い視線を集めているというこちらのパワーサラダ。そもそもパワーサラダってご存知ですか? パワーサラダとは、野菜や果物だけでなくお肉や魚などのタンパク質もプラスされたサラダのこと。一皿で不足しがちな栄養素を補給できる手軽さで、今じわじわブームとなっているんです。

billsでは、アボカドやマグロを使ったハワイのポキスタイルでいただけます。食べてみると・・・ん? 日本の漬け丼にそっくり! 甘めの醤油にゴマ、生姜の風味に漬けられたマグロは、慣れ親しんだ日本の味。そこに、ビネガーの効いたきゅうりのマリネや独特の風味のパクチー、ちょっと珍しいシーアスパラガスがよいアクセントに。聞けば、bills創始者のビルさんが漬け丼にインスパイアされて開発したメニューなのだとか。どうりで食べやすいわけです。

全体にタレをふりかけるのではなく、味のついた具材を混ぜ合わせるスタイルのためか味わいはシンプルで上品。また、全体にさっと絞るライムが夏らしい爽やかさを演出してくれる。玄米やアボカドで丼もののようだけど、サラダ感覚でさっぱりといただけるから暑さで食欲がないときにもオススメ。

世界一の朝食と称されるスクランブルエッグが、初めてバーガースタイルに

サンドイッチ感覚でペロリといただける「スクランブルエッグロール」1300円
生クリームと塩だけという、潔いほどまでにシンプルなレシピで作られたスクランブルエッグ。世界一の朝食としても有名ですよね。こちらがハンバーガーの具材になって、新登場。

ふわふわ、ぷにぷに。見ているだけで幸せ・・・なスクランブルエッグは、まるで赤ちゃんのほっぺのよう。そこにキュウリと、スーパーフードとしても注目を集めるケールをプラス。ブリオッシュ生地で作られた、ほんのり甘いバンズと相性抜群です。

ハンバーガーというと「満腹になりすぎちゃう・・・」「一個食べきれない・・・」なんていう少食女子でも、このスクランブルエッグバーガーならサンドイッチ感覚でライトにいただけちゃいそう。

砂糖不使用&グルテンフリースイーツの印象を覆す!濃厚カカオボール

1個から注文OK!砂糖・乳製品不使用のヴィーガンスイーツ「カカオボール」1個150円
砂糖不使用、グルテンフリー、ヘルシー・・・。ダイエッター女子を魅了するこのワード。でも、実際に食べてみると甘さが足りなかったり、味わいが薄かったりとがっかりすることも多くありませんか?

でも、こちらは安心。濃厚なカカオの味わいにデーツ、ココナッツの甘みがしっかり。また見た目に反して、ほろりと崩れる優しい食感。ドーナッツのような重さがなく、食後のデザートとしてペロリといただけます。

さらに、こちらのスイーツに入っているデーツ。食物繊維やビタミンなどの成分がたっぷり含まれており“アラブの美容食”とも呼ばれているそう。おいしくて、キレイになれちゃうなんて嬉しすぎですよね。

気分に合わせてチョイスしたい、ALL自家製のドリンク

写真左から「スイカ&ライムのフラッペ」850円、「bills ジンジャーエール」680円
billsのドリンク、実はすべて自家製って知ってた・・・? たとえば、定番のアーモンドミルクチャイティー。なんと、アーモンドを粉砕しアーモンドミルクを作るところから手作りしているそう。そんな風に丁寧に作られたドリンクをチェックしないのは、もったいない!

数あるドリンクのなかでも夏にいただきたいのは、「bills ジンジャーエール」と「スイカ&ライムのフラッペ」。「bills ジンジャーエール」は、フレッシュな生姜の味わいを感じられておいしいです。スカっとした喉越しだけでなく、生姜の温め効果も期待できるからクーラー冷え対策にも。スイカをまるごと凍らせたような果実感を味わえる「スイカ&ライムのフラッペ」は、カンカン照りの真夏日にかき氷感覚で食べたいですね。
ドリンクはアルコール以外すべてテイクアウトもOKだから、夏の表参道散策のお供にするのもおすすめです。
billsの創始者であるビル・グレンジャーさんは、世界中を旅しながら気になったものを積極的に取り入れて、年2回のメニューチェンジを行っているそう。たまり醤油を海外の店舗のメニューに取り入れるなど、日本のグルメシーンからインスピレーションを得ることも少なくないそう。

パンケーキだけで満足していると、どんどん進化し続けるbillsから取り残されてしまうかも・・・!? 世界の流行を先取りし、素材の味を活かしながら紡ぎあげるトレンドメニューを見逃さないで。

関連記事