あの三日月って何? 意外と知らないiPhoneのアイコン解説

あの三日月って何? 意外と知らないiPhoneのアイコン解説

使いこなしてない人、多すぎ!
普段使っているiPhoneを眺めていると「これってなんのアイコンなんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか? 今回はそんなiPhoneの中に標準装備されているアイコンの中から、意外と知られていない便利な機能の使い方をご紹介します。

■三日月マークの「おやすみモード」

画面を下からスワイプすると表示されるコントロールセンター。上に5つ並ぶアイコンのうち、右から2つめの三日月マークのアイコンって使ったことありますか?

これをオンにすると起動するのがiPhoneの「おやすみモード」。「おやすみモード」は、電話の着信やメールの受信の通知をしないようにすることができる機能です。

例えば、眠っている間にLINEの通知で起こされてしまった経験をしたことがある人は、寝る前に「おやすみモード」をオンにしてみましょう。LINEや電話に睡眠を妨害されることもなくなります。
また「設定」の画面からは、特定の時間帯に自動で「おやすみモード」が有効になるように設定することも可能ですよ。

他にもアプリでゲームを楽しんでいる時に起動しておけば、いきなり着信が入ってゲームが中断されてしまう心配もなくなります。ただしゲームを終了した後の解除忘れは要注意!

■iOS9.3.1から新実装の「Night shift」

同じくコントロールセンターのアイコンからもうひとネタ。iOS9.3.1から新たに登場したのが、コントロールセンター下部に並ぶアイコンのうち、真ん中にある太陽の中に三日月が描かれた「Night shift」。

このアイコンをタップすると画面が薄いオレンジ色になり、ブルーライトを軽減した画面に切り替わってくれます。夜にスマホを使う時、目がチカチカして困っていた人はぜひONにしておきたい機能ですね。とは言え、寝る前のスマホの使い過ぎは要注意ですよ!

「Night Shift」は、iPhone 5s以降、iPad Pro、iPad Air以降、iPad mini 2以降、iPod touch(第6世代)で利用できる機能です。iPhone 5、iPhone 5cなどでは使用できないのでご注意ください。

意外と知らないiPhoneの機能。使いこなせば、日常のスマホにまつわるいろんな悩みが解消されそうです。

(みさくらけいこっ+ノオト)

関連記事