ガタガタ歯並びを矯正! 歯科医に聞いた「歯列矯正」のリアル

ガタガタ歯並びを矯正! 歯科医に聞いた「歯列矯正」のリアル

歯が気になって笑えない…!
脱毛やエステ、マツエクやネイルなど、働き始めたら女性がやりたいことのひとつとして、最近人気なのが大人の歯列矯正です。

歯列矯正というと、高額な料金がかかり、また子どもの時のように何年間もかけてかみ合わせを直すというイメージが強いですよね。しかし、最近では部分矯正といった、特定の部分に矯正を受ける人が増えてきているんだとか。

筆者も、自分の歯並びが気になっていましたが、「実際これって部分矯正で治るの!?」という不安な気持ちがあったため、今回は矯正を専門としている歯科医の先生に、直接お話を聞いてきました!
今回インタビューしたのは、三橋矯正デンタルオフィス院長の三橋展明先生。とても物腰がやわらかな方でした。

──矯正というのは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

「歯をワイヤーなどで動かして、正しいかみ合わせにしたり、見た目の改善を図ったりする治療です。今はワイヤーもさまざまな種類がある他、裏から付けられるものやマウスピース型で取り外しができるものもありますね」
マウスピース型は透明で目立ちにくいですが、複雑な矯正は難しく、ワイヤーでの矯正よりも治療期間が長くかかるとのこと。また基本的に食べる時と歯を磨く時以外、寝る時も含めて24時間装着しないといけないため、忘れっぽい人や面倒くさがりな人は、効果が出にくいんだそう。

──では部分矯正と全体的な矯正は、何が大きく違うのでしょうか?

「施術内容としては特に変わりませんが、部分矯正は前歯4本、もしくは犬歯までが対象となるので、治療期間が早いですね。奥歯は動きにくいので、全体的な矯正だと治療期間も年単位でかかってしまうんですが、前歯だけだと早くて3カ月、平均して6カ月くらいで終わることが多いです。

期間が短い他にも、歯全体を動かさない分、技術料が少なく済むので費用も大きく変わってきますね。全体矯正だと100万円以上かかりますが、部分矯正で上の前歯4本だけなどであれば、30万円~50万円くらいで治療が可能です」

──期間も費用も魅力的ですね! 部分矯正をする方はどんな方がいるんでしょうか?

「若い人が多いですね。20代~30代くらいの人が働き始めて、歯にお金をかけられるようになったから、とか。営業職になった人が笑顔が気になって……とかですね。早いうちに直した方が、その後の期間ずっと快適でいられるし、部分矯正は短いといっても数カ月はかかるものなので、若いうちにやりたい、という方が多いですよ」

──確かに……。でも、診察をしてみたらやっぱり部分矯正ではムリ、ということもあるんでしょうか?

「そうですね。例えば叢生(そうせい)といって歯が前後バラバラに生えているような場合に、重なり合いが大きいと抜歯をしないといけません。そうなると、部分矯正では難しいので全体的な矯正をすることが多いですね。あとは、かみ合わせが深すぎて噛んだ時に下の歯がほとんど見えない、といった問題も、歯全体を動かしてあげる必要があります」
──なるほど。治療を始める前に、そういった相談も乗ってもらえるんでしょうか?

「もちろんです。最初に歯並びの状態を診て、直したい場所が部分矯正でも治療可能かどうかの判断や、矯正器具の説明をします。その上で、前向きに検討したい方は、更に次のステップとしてレントゲンの撮影・模型の作成をして、治療方針を立てていきます。なお、矯正は自費診療なので、病院によって値段は変わりますが、このステップも2万円~3万円の費用が必要になります」

最後に、三橋先生に筆者の歯も見ていただいたところ、「前歯は部分矯正でも可能ですよ。でも、こんなところもこんなところも気になっているんじゃないですか? それは◯◯という方法で治せて~……」と、なんでわかるの! という感じで口元の悩みを指摘していただきました。

歯がちょっとでも気になっているという人は、一度矯正の相談に行ってみると、意外と安価にできることが判明するかも。長年、悩み続けているという人は一歩を踏み出してみては?

(きたざわあいこ+ノオト)

関連記事