お弁当にもおやつにも! 夏野菜はピクルスにして楽しもう♪

お弁当にもおやつにも! 夏野菜はピクルスにして楽しもう♪

ダイエットにも◎!
夏野菜が出回る季節になりました。安くておいしい夏野菜を楽しむのにはピクルスがオススメ! そのまま食べるも良し、サラダに加えるも良し、タルタルソースにするも良し、とアレンジの広い調理法なんですよ。

筆者も作ってみました♪
漬ける食材は、ミニトマト、カラーピーマン、大根、キュウリ、紫玉ねぎです。カラフルな食材を揃えると見た目も楽しいですよ。今回は瓶の容器を使用しました。酸に強いホーローの保存容器などでも良いですね。
まず調味液を作ります。りんご酢200cc、水400cc、ローレル2〜3枚、ブラックペッパー10粒程度、砂糖80g、塩大さじ1を小鍋にかけて沸騰させます。

酢も砂糖もお好みのものを使うことができます。赤ワインビネガーやハチミツなどで作ってもオシャレ☆ 酢の匂いがきついので、湯気を吸い込まないように気を付けて。沸騰した調味液は常温まで冷まします。
冷ましている間に野菜を切ります。今回は大根、キュウリ、カラーピーマンはスティック状に切りました。もちろん乱切りやいちょう切りなどお好みの切り方で大丈夫ですよ。なるべく食材の大きさを揃えた方がきれいな仕上がりになります♪ ミニトマトは皮を湯むきすると味が染みやすくて◎! 紫玉ねぎは単独で漬けるので、別にくし切りにしておきます。

調味液が冷めてきたら、この野菜を沸騰したお湯で30秒ほど茹でます。水分が適度に抜けて、味が染みやすくなります。
茹で上がった野菜は、熱いうちに瓶に詰めます。カラフルでかわいい! 野菜を入れ終わったら、調味液を入れます。この時、調味液が熱いままだと野菜が過剰に加熱されてしまい、食感が悪くなっちゃうので気を付けて。
冒頭の調味液の分量で3瓶分できましたよ。紫玉ねぎが酢と反応してピンクに変色してカワイイ! 漬けて1時間ぐらい経てば食べられます。徐々に馴染んでいき、味の変化を楽しめるのもポイント。

早めの浅漬け風をポリポリおやつに食べるのもヘルシーですし、きっちり漬かったものを刻んでマヨネーズで和えてタルタルソースにしてもオシャレですよ。冷蔵庫で保存して、一週間程度で食べ切ってくださいね。

休日にたくさん作ったら、平日のお弁当にも使えるし、持ち寄りパーティーやBBQにもこのまま持って行けるスグレ物です。

また、残った漬け汁も捨てないで! 野菜のうまみが出ている漬け汁は、オリーブオイルなどお好みのオイルとブレンドして塩コショウで調整したら、オリジナルのドレッシングに!

暑くなるにつれ、どんどんおいしくなる夏野菜。保存できるピクルスにして、たくさん食べちゃいましょう。

(田中いつき+ノオト)

関連記事