ジョリジョリしないセルフ脱毛「トゥルリーヌ」を試してみた!

ジョリジョリしないセルフ脱毛「トゥルリーヌ」を試してみた!

毛が生えてきてもチクチクしない!?
いよいよ半袖の季節到来。脱毛サロンに通っていても、全身の完全脱毛までには最低でも3年以上はかかると言われているため、今すぐにムダ毛をなくすことは難しいですよね。

完全脱毛までの間に、カミソリでセルフ脱毛している女性が多いと思いますが、どうしてもチクチクしたりジョリジョリ感が残ってしまったりしてしまうもの……。いつでもスベスベ素肌でいるためには、どうしたら良いのでしょうか?

■仕上がりはブラジリアンワックスが一番!?

欧米ではポピュラーな脱毛法である「ブラジリアンワックス」。はちみつの粘度を高くしたようなハード目のワックスを塗り、そこに専用のシートを貼って一気に剥がすと毛が抜ける仕組みです。

ブラジリアンワックスは毛根から一気に抜き取るためジョリジョリ感はなく、剃り残しによる毛穴の黒ずみもほぼありません。毛が生えてきてもチクチクしないので一時的な脱毛にはうってつけ……ですが、毎回ブラジリアンワックスのサロンに行くのはコスト的に難しい上、一瞬ですがシートを剥がす瞬間に痛みを伴います。

今回、自宅でできて、痛みもなく、肌にもやさしい、そしてブラジリアンワックスと同じような効果を得られる新しいセルフ脱毛があるという情報を入手! 先日、記念発表会に行ってきました。

■痛くないセルフ脱毛ワックス「Turuline(トゥルリーヌ)」

自宅でできるブラジリアンワックス「Turuline(トゥルリーヌ)」。ダレノガレ明美さんがイメージモデルを務めます。商品を手に入れたので、早速その使用感をご紹介します。

■Turulineの内容&使い方

【内容】
●ワックス(内容量120g)
●スパチュラ1本
●脱毛シート40枚
●取扱説明書

【使い方】
油分や水分のない清潔で乾いた肌にワックス を乗せ、スパチュラで薄く伸ばします。この時、毛並みを整えるようにしながら、毛の流れに沿って塗るのがポイント。脱毛シートを貼ってなじませたら、剥がす方向と逆方向に皮膚を引っ張りながら一気にシートを剥がします。

チューブタイプなので衛生面も安心なのがうれしいなと感じました。それでは早速使ってみたいと思います。

■Turulineのメリット・デメリット、使用後の経過報告

【デメリット】
スパチュラが付いているから手が汚れないと思いきや、中身が徐々に溢れ出してくるので、パッケージがベトベトになりました。必要量を出したらすぐに蓋をした方が良さそうです。

伸びが悪いので、細いスパチュラでは広範囲を塗るのがちょっと大変でした。また、5mm〜1㎝以下の短い毛は抜けないみたいなので、しばらく長袖長ズボンを履いて毛を育てなければなりません。逆に長すぎてもうまく抜けないので、1〜2㎝くらいにカットする必要があります。

【メリット】
一番驚いたのが、あんなにベトベトなワックスを塗ったのに、剥がした後の肌がサラサラだったこと。ヒアルロン酸やコラーゲンなど肌にやさしい成分がたっぷり含まれているからでしょうか……。

それと、全く痛くないのにきちんと抜けています! 脱毛シートを貼ってすぐに剥がせるところも時短で良いなと思いました。もちろんデリケートゾーンにも使えるので、痛みが少ないのはうれしいポイントです。

【経過報告】
毛根から抜けるので、毛穴に埋まった毛が黒い点になって見える現象がありませんでした。個人差があると思いますが、筆者の場合は脚に試し、4日くらいは確実にツルツルだったと思います。毛がない状態は10日前後だと言われているので、カミソリよりもかなり持ちますね。

いかがでしたか? VIOも自分でお手入れできちゃうので、勝負デートの前日や夏のレジャーのお誘いにもすぐ対応できますよ。1本持っておくと便利かもしれません。

(藤田佳奈美+ノオト)

関連記事