美容師直伝! 決まらないヘアスタイリングを「ヘアオイル」1本で解決する方法

美容師直伝! 決まらないヘアスタイリングを「ヘアオイル」1本で解決する方法

朝のお悩みはこれで解決!?
サロンで髪を切ると、美容師さんがスタイリングまでしてくれますよね。ところが、自宅でその髪型を再現するのは至難の業……。

簡単にかっこよくスタイリングするにはどうしたらいいのでしょう? 表参道の隠れ家的サロン「drop」のスタイリスト、林晶子さんにコツを教えていただました。

「スタイリングはヘアオイル一本で簡単にできますよ。ショートスタイルの場合は、オイルをとった両手で後頭部から持ち上げるように髪全体になじませて、手ぐしで整えるだけ。ロングスタイルの場合は、髪の中間あたりから毛先をメインにオイルを付けましょう。その後、軽く整えれば完璧です」

えっ、そんなに簡単にできるなんて驚き! なぜ、ヘアオイルでのスタイリングがオススメなのでしょうか?

「ヘアオイルを使うと、均一なツヤ感が出て、カラーリングがキレイに見えるんですよ。髪がバクハツしてしまいがちな人も、簡単にボリュームダウンできます。冬の静電気も起こりづらくなりますし、何よりワックスが苦手な人にとってもラクチンです」

林さんのオススメは「あんず油」や「椿油」、「ゆず油」など。筆者も実際に「ゆず油」を買って試してみたところ、とっても簡単にヘアスタイリングができちゃいました。手のベタベタも気になりません。

「ワックスやスプレーを使って強力に髪を固めずに、適度な束感を出せるのが一番のポイントです。とはいえ、付けすぎるとお風呂に入ってないみたいにテカテカになっちゃうのでNGですね。オイル感を出したくない場合は、オイルとワックスを混ぜるなんて裏ワザもありますよ」

ヘアオイルなら、お風呂の中でヘアパックやトリートメントとしても使えます。一本で何役もこなしてくれる優秀アイテムだから、乾燥する冬には一本買っておいたら便利♪

スタイリングしながら、髪に潤いもチャージできちゃうヘアオイル。これであなたも今冬はツヤツヤヘアーをゲットしてみてくださいね。

※オイルの性質や個人の髪質によって異なることもあります。

(川澄萌野+ノオト)

関連記事