ハイセンス! オーダーメイドのお守り「OMAMO」が素敵

ハイセンス! オーダーメイドのお守り「OMAMO」が素敵

ずっと身に着けたくなる
新たな環境に立たされていたり、新しい目標を設定してがんばっていたり、どうしても進展させたい恋愛事情があったり……。女子はいつでも忙しいもの。そんなみなさんにオススメなアイテムのウワサを聞きつけましたよ♪
なんと、一人ひとりの願いや悩みに合わせて柄を変え、ご祈祷をして作ってくれるというパーソナルなお守りなのです。Web上で、願い(悩み)を入力し、好みの配色パターンを1つクリックするだけ。送料込みで3,000円とリーズナブルなお値段がうれしい♪

販売を開始したのは、東京都大田区にある池上實相寺(いけがみ じっそうじ)。副住職の酒井智康さんにお話を伺いました。

──パワースポット巡りがブームになり、いろいろなお守りが販売されていますが、パーソナルなお守りというのは、新たな視点に感じました。開発に至った経緯を教えてください。

「もともと實相寺は地域に開けたお寺であり、お寺を中心にしたコミュニティの形成にも意欲を持っています。そんな時、たまたま私とクリエーターが知り合う機会があり、お寺や仏教に少しでも親しみを感じてもらえたらと考え、今回の試みがスタートしました」

御朱印ガールの誕生など、寺社を巡ることがブームになっていますが、もっと裾野を広く、関係性を深めたいという思いから、OMAMOを製作されたのですね。和柄がかわいくて持っていると気分も上がりそうです♪
──お守りはキーホルダーのようにカバンに付けてはいけない、という話を聞いたことがあります。購入後のOMAMOの持ち方、身に着け方について教えてください。また、いつまで持っていたら良いのでしょう?

「お守りとは、『仏様神様に、自分の願いが成就するように精いっぱい頑張りますので、その間、魔事魔障なく努力できるようお護りください』とお願いをした約束の証です。お守りを身に着けるということは、そういった仏さま神さまとの約束を常に意識するためでもあります。ですから、粗末に扱わなければ、カバンに付けていただいても構いません。

また、お持ちになる時間ですが、お守りをお受けした日から季節がひと回り……つまり1年間、大切にお持ちいただければと思います」

なるほど、目につく場所にあった方が約束や願いを意識しやすいですものね。1年経ったら、寺社でお炊き上げしていただきましょう。仏様神様へ1年無事に過ごせたお礼をお忘れなく。

──ALICEY読者へのメッセージをお願いします。

「たいへんに慌ただしい世の中です。心に余裕が持てず、不安を持つことも多いと思いますが、お守りを持つこと、仏さま神さまとお約束することは、ただ何かにすがったり頼ったりするものではなく、信念を持って生きることに繋がると思います。自分を大切に、日々を送ってください」

今は多少辛い境遇でも、信念があれば自分を大切に生きられる……そのことを忘れないためのOMAMOなのですね。毎日を充実させるためのお守りOMAMO、手元に置いてみてはいかがでしょうか?

写真提供/池上實相寺

(田中いつき+ノオト)

関連記事