25歳が転機!? 女性の人生パターンについて先輩がトーク!

25歳が転機!? 女性の人生パターンについて先輩がトーク!

人気の占い師&ライターが語る!!
チャット型のリアルな会話が読んでいておもしろい! と話題のサービス「チャットキャスト」。ALICEYの公式チャンネル「アイビー茜×カツセマサヒコ 気になる会議」はもうチェックしましたか? 人気占い師&ライターであるアイビー茜さんと、人気ライターのカツセマサヒコさんがパーソナリティを務めるチャンネルで、元大学の同級生でもあった二人の掛け合いがおもしろく、ためになると大好評なんです!

4月26日に第3回目の新作トーク「努力とセンスのボーダーライン」が公開されましたが、今回はたくさんの人がハッとする内容になりました。

発端はアイビー茜さんのこちらのツイート。
アイビーさんが言うには
とのことで、簡単に言うと占星術的に25歳がターニングポイントになるようです。実際、みんなはどうなのかTwitterで声を集めてみました。

■「25歳」の等身大の自分って?

過去を振り返ってみると、25歳くらいにもう少し頑張れたかな……と、考える人も多いようです。
石ノ森章太郎先生が漫画家仲間の藤子・F・不二雄先生たちとアニメ制作会社を作ったのが25歳の年。哲学者シモーヌ・ヴェイユが自ら辛い境地に身を置いたのも同じ年齢の時。
たしかに、女性誌では25歳前後をターゲットにしているところが多いかも。先輩の意見は説得力がありますね。

■アイビーさんとカツセさんの考える「センスと努力」

今年29歳になるアイビーさんとカツセさん。二人も、25歳の時に自分たちが置かれていた状況を思い出しながら話します。
仕事でもプライベートでも、みなさん何かしら自分のセンスに沿った25歳を迎えているのではないでしょうか。また、25歳以降はどうしたらいいのかと言うと……。
次に、センスをさらに活かすための「努力」が必要になるようです。

自分には何もセンスなんてないから……なんて思っていた方も、他人事じゃないんですよ。
25歳はあくまでも目安として考えてOK。まだ行動に移していないだけなのかもしれません。

「じゃあ今からできることは?」、「25歳過ぎた人はもう遅いの?」……という気になるところはまさしくチャットキャスト内「気になる会議」で話しているので、本編をじっくり読むことがオススメ。自分を見つめ直すチャンスになりそうです!

(ALICEY編集部+ノオト)

関連記事