モテとは違う! 既婚男性からのアプローチの意味とは?

モテとは違う! 既婚男性からのアプローチの意味とは?

気を付けた方が……
今年、何かと話題になっている不倫という言葉。自分の周りを見渡してみるとチラホラ、アプローチをかけてくる既婚男性や、言い寄られている友だちがいるような……。確かに既婚男性は頼りがいがあってステキだもんね。なんて思っている人は要注意。それ、「モテ」ているのと違いますから!

「言い寄ってくる男性ってみんな既婚なんです~」と話す女性がいますが、それは相手から見くびられているだけの話。(中略)もてあそばれたり都合のいい女状態になってしまう女性に共通するのは「やれそうな女」「やれる女」だと思われている点です。求められるぶん、モテているのだと思い込んでしまう女性も多いようですが、実際はその逆。単純に「やれる」から求められているだけです。

ガーン! そういうことだったのか! ちやほやされたり、女性扱いされたりするとうれしくなりますもんね。「彼とは出会う順番が間違っただけ」なんて言葉にドキッとした人、あなたは大丈夫?

さらには……

不倫男性からすれば、『おとなしく女性らしい』女性は癒しの存在でしょう。
忙しい日常を忘れさせてくれるような女性に惚れてしまう既婚男性は多いのではないでしょうか。(中略) 相手が口が堅く、おとなしい女性ならば周囲に不倫がバレる可能性も低いでしょう。

まず、バレるかバレないか、が大問題の既婚者。ということは、黙ってやらせてくれるかどうかが彼らにとっての最優先事項ということになりそうです。なんと~! そんな心理だったのですね。

不倫になった場合、友だちにも紹介できず、長期の旅行にも行けないなんていうことも考えられますよね。だいたい、デートで手を繋いで歩くというのすらハードルが高いものに(涙)。

さらには、もっと大変な目に遭っている人も……。

「既婚の男性と付き合っています。2年前に、彼の携帯に電話をかけたら、突然『もしもし、○○の妻です。どちら様ですか?』と奥さんが電話にでた。明らかに私の存在を分かっていた感じだったので、あまりの恐怖で声が出せず、固まってしまいました」(28歳女性)

十分怖い電話ですが、ある日突然、慰謝料請求などの郵便が届くのももっと怖い! 奥さんは結婚している以上、法律で守られています。男性が何と言って取り繕っても、負け戦の可能性が濃厚。既婚であると知った時点で、潔く身を引いた方が、傷が浅く済みそうです。
タブーのある恋の方が燃えるとも言いますが、本当に既婚男性が不倫相手のコトを愛しているのなら、障害を乗り越えるべく、さっさと離婚して独り身になってくれるはず。それをノラリクラリとかわしてズルズルと関係を続けようとしているのは、奥さんと不倫相手の両方に何となく良い顔をしたいだけ。その場しのぎの既婚男性に振り回されないで、自分を磨いた方が良さそうですよ。

(田中いつき+ノオト)

関連記事