ネクスト・沼サン! ボリューム満点うきサンド

ネクスト・沼サン! ボリューム満点うきサンド

見た目も華やか!
陶芸家・大沼道行さんちのおいしそうなサンドイッチが「沼サン」として、話題になりましたが、今回、さらにおいしそうなサンドイッチを発見しました! インスタグラマー、うきこさんが作るサンドイッチは「うきサンド」と名付けられています。どんなサンドイッチかというと……
どーん! ボリューム満点! 上からきゅうりサラダ、トマトスライス、にんじんレモンラペ、ジンジャーエールチキンとかぼちゃマッシュのうずらがサンドされています。耳付きの食パンでずっしり!
塩レモン焼き芋サラダと生ハムクリチの丸ごとトマトサンドイッチ。きゅうりとにんじんラペも入って彩りも鮮やかだし、食感も良さそう!
こちらは和風! はちみつ照り焼き鶏つくねときんぴらサラダ、だし巻きたまご。大葉もたっぷり挟んであります。ああ、食べたい! ただ、どうやって作るのか、どうやって食べるのかが気になるところ……。そこで、作者のうきこさんにお話を伺ってみました。

■うきサンドの裏話を聞きました!

――すごくボリューミー&カラフルなサンドイッチに心を奪われました。具だくさんになったきっかけはありますか?

「普段の食事分くらいの野菜をサンドイッチで摂取できればいいなと思い、作り始めたのがきっかけです」

なるほど、サンドイッチってそれだけではちょっと物足りない感じがありますもんね。サラダやサイドメニューを全て詰め込んだ結果のボリューム。彩りきれいで、たっぷりお野菜でヘルシー。これなら野菜嫌いな彼も文句言わないかも!

――これだけ具だくさんだと、作り方、写真撮影ともになかなか難しいと思うのですが、コツのようなものがあるのでしょうか?

「作るコツは普通のサンドイッチの作り方と変わらないと思います。ただ、具を重ねて端っこを少し強めに挟むだけ。具が多いので何度か作って慣れも必要だとは思います。写真撮影は崩れないうちになるべく短時間で済ませるようにしています」

なんと、訓練あるのみ! ストックのおかずがたくさんあるのかどうかが、うきサンドのできあがりを左右する気がしますね。何度か作ると色合いがどんな感じになるのか把握できそうです!

――食べる時はどうやって食べるのでしょう? 大きな口を開けても間に合わないような気がしますが……。

「端からホットドッグを食べるみたいに食べています。断面の方から大口開けて食べるのはもちろん大変なので(笑)」

いつか、おいしいコーヒーとナポリタンとサンドイッチの出る喫茶店を作るのが夢だといううきこさん。こんなサンドイッチが出るなら繁盛間違いありません!

その名の通り、うきうきうれしくなっちゃう、うきサンド。アカウントをフォローして、うきこさんのボリューム満点サンドイッチをマネして作ってみてはいかがでしょう?

(田中いつき+ノオト)

関連記事