花桃の絨毯を歩ける「花桃フェスティバル2016」開催。信州フードマルシェも登場

花桃の絨毯を歩ける「花桃フェスティバル2016」開催。信州フードマルシェも登場

OZネタ 【おでかけ】 イベント
桜の季節はあっという間に過ぎてしまったけれど、お花見シーズンはまだまだこれから! 南信州・阿智村の昼神温泉から清内路を通って木曽南へと続く国道沿いには、約40kmに渡って1万本もの花桃が植えられ、通称「はなもも街道」と呼ばれているそう。

花桃は八重桜にも似た愛らしい花で、枝に直接つぼみを付けるのが特徴的。春が遅い南信州で、花桃が見頃を迎えるのは4月中旬~5月上旬頃。桜よりも開花期間が長く、満開になってからも10日間ほどは楽しめるのだとか。阿智村には1本の木から赤・白・ピンクの3色の花が咲く珍しい品種が多く植えられており、満開になれば、辺り一面が鮮やかなグラデーションに染まるという。

はなもも街道近くの月川温泉は、南信州随一の花桃の里と呼ばれており、毎年、見頃に合わせて「花桃まつり」を開催。2016年の開催期間は4月20日(水)~5月5日(木)まで。このエリアだけでも約5000本が植えられ、たくさんの人で賑わう。期間中は採れたての野菜など地元特産品を販売するほか、ご当地グルメが楽しめるブースも出店予定。ドライブしながらでも楽しめるけれど、せっかくだから、満開の花桃並木の散策も楽しんで。

満開の花桃を楽しんだ後は、日本一の星空が待っている!

阿智村は環境省にも認定された日本一星空がきれいな村。冬はスキー場としてもおなじみの「ヘブンスそのはら」は、星空絶景スポットのひとつ。シーズンオフ期間中の4月16日(土)から10月15日(土)まで開催される日本一の星空ナイトツアーでは、ガイドと一緒に夜の森を探検する「NIGHT TREKKING」や、満点の星空の下で行われるジャズライブ「Music Night Orpheus」など、さまざまなイベントが行われる。

美肌の湯・昼神温泉に一泊して、のんびり過ごす休日

花桃と星空、両方楽しむなら、はなもも街道の中心に位置する昼神温泉郷に一泊するのもおすすめ。昼神温泉は昭和48年に湧出した南信州最大の温泉郷で、アルカリ単純硫黄泉のとろりとしたお湯は、“美肌の湯”として有名だそう。地元で採れる新鮮な野菜や手打ちそばなど、旅に欠かせないおいしいものも満載。たっぷり遊んだ後は、豊かな自然に囲まれた温泉にのんびり浸かって疲れを癒し、ご当地グルメでパワーをチャージしよう。

関連記事