アレを使ってワンランクアップ! ○○おにぎりがおいしい♪

アレを使ってワンランクアップ! ○○おにぎりがおいしい♪

ヒントはキッチンにあるやつ!
日本人ならお馴染みのおにぎりですが、最近、簡単に味をランクアップさせられるワザがSNSで話題になっています。それはなんと、ご飯にオイルを混ぜ込む「オイルおにぎり」というもの。テレビの情報番組で何度も取り上げられるほどの人気っぷり。

使うオイルはオリーブオイルやごま油など、キッチンにあるものでOK! また、今話題になっているココナッツオイルやアマニオイル、エゴマオイルなど、非加熱で食べることが推奨されているオイルを使うのも良いようです。

さっそく筆者も作ってみました!

■オイルおにぎりを作ってみた

使ったオイルはオリーブオイル、アマニオイル、ごま油です。
ご飯が温かいうちに、オイルを混ぜてしまいます。おにぎり1個につきティースプーン1/3くらいが良さそうです。入れすぎるとご飯粒がバラバラになりやすいので気を付けてくださいね。おにぎりの形を作るのが苦手な方は、ラップや100円ショップで売っているおにぎりの型を活用してください。
オリーブオイルにはベーコンとひじきのソテー、アマニオイルには白ごまとおかか&醤油、ごま油には自家製なめたけを刻んだものを混ぜ込んで完成。

当たり前ですが、見た目はいつものおにぎりと変わりません。でも、食べてびっくり! 何か手の込んだことをしたかのようにおいしくなっています(笑)。

オリーブオイルは洋風のピラフのように、ごま油に至っては中華おこわを食べているような気分になりました。アマニオイルはもともとクセが少ないオイルなので、特に風味は感じないのですが、それでも確実に口当たりがワンランクアップ!

■時間が経っても大丈夫らしい!?

また、冷めても時間が経ってもおいしいとのことだったので、5時間ほど時間をおいて食べてみました。オリーブオイルのおにぎりは、香りが飛んでしまっていましたが、食感は時間を置く前と変わりませんでした。もともと香りの強いごま油は時間が経っても香りが飛ばず、しっかり中華風の味をしていました!
オイルを混ぜすぎてしまってバラバラになってしまったら、海苔でくるんでおにぎらずにしてしまうとか、チャーハンにリメイクするなどの裏技もできそうです。

夜中、彼に「お腹がすいた~」と言われて、冷蔵庫に白米以外は何もない! という非常事態でも、オイル+塩だけでもいいし、オイル+常備のふりかけ類で乗り切れそう。時間が経ってもおいしいので、この春からお弁当ライフを始める人にもオススメですよ。

(田中いつき+ノオト)

関連記事