歓迎会でミスらないで! 今こそ覚えておきたいお酒の注ぎ方

歓迎会でミスらないで! 今こそ覚えておきたいお酒の注ぎ方

その注ぎ方で大丈夫?
新入社員を迎えて歓迎会、部署が変わって顔合わせ……何かと大勢でお酒を飲む機会が増える時期ですよね。当然お酌をする機会も増えてきますが、ちょっと待って! お酒の正しい注ぎ方、知っていますか? 正しいお酒の注ぎ方、一緒にチェックしちゃいましょう~。

■ビール

最近は瓶ビールを注ぎ慣れていない人も多いみたい。でもまだまだ瓶ビールは主流。「最初の一杯」に、恥はかきたくないですよね。

注ぐときは、ラベルが上になるように右手でビンを持って、左手を添えて。ビールが体温で温まってしまわないように、左手は軽く添える程度で。始めはゆるやかに、だんだん勢いよく、泡ができはじめたら、再びゆるやかに注ぐのがコツ。

瓶を安定させるために、ついうっかり左手でぐっと握ってしまいがちですが、これはNGなんですね。注ぐ勢いが強すぎると泡だらけのビールになってしまうので注意して。またお酌を受ける方は、グラスをしっかりと両手で支えてあげてくださいね。

■日本酒

「お酌」という単語を聞いて、日本酒を思い浮かべる人も多いのでは。上司に手酌をさせてしまっては失礼にあたりますよね。バッチリ注ぎ方を覚えておきましょう。

徳利の胴部分を右手でしっかり持ち、左手は下側に添えます。熱燗の場合は、火傷をしないように徳利の首部分を右手で持ち、左手は徳利の底部分にタオルを添えて持ちます。盃いっぱいに注ぐと飲みにくいので、八分目を目安にしましょう。

熱燗に添えられるのは、一般的には居酒屋さんではおしぼりが多いですよね。コレを知らないとやけどをしてしまうことがあるので気をつけて~!! 

なお、よくお店で日本酒を注ぐ時に、コップの下にますやお皿を置き、コップから溢れさせる注ぎ方がありますよね。これは「お店からのサービス」といった意味合いが強いようで、決してその注ぎ方がマナー的に正しいわけではないそうですよ。

■ワイン

最近ではオシャレなイタリアンで歓迎会、なんてことも多いですよね。ワインの飲めるお店は女子会にも人気のスポット。では、ワインの正しい注ぎ方って?

ワインボトルは、ビール瓶と同じようにラベルが上にくるように右手で底を持ち、左手は下側を支えるように持ちます。注ぐ量は、ワイングラスによっても違いますが、1/3~1/2程度を目安にするといいでしょう。

ワインを注ぐ量が3分の1程度なのは、ワインを傾けて色を判断したり、回して香りを楽しんだりするため。なみなみと注いでしまうのはNG。また、注いでもらう側も、ワイングラスに触れるのはマナー違反だそうですよ~。そっとテーブルに置いて、注がれるのを待った方が良いみたい。


改めて確認してみると、知っていたけれどうっかり忘れがちなポイントも見えてきたのでは? 思わずミスして恥ずかしい思いをしないように、もう一度、正しいマナーをチェックしてみて。

(伊東ししゃも+ノオト)

関連記事