知らなかった! エイプリルフールにもルールがあるの?

知らなかった! エイプリルフールにもルールがあるの?

嘘は午前中だけ!?
4月1日、エイプリルフールの日。誰もが知ってる「嘘をついていい日」です。でも、だからといって、どんな嘘でもいいというわけでもありませんよ。エイプリルフールには、意外と知らないルールがあるって知っていましたか? ルールをしっかり把握して、楽しい1日を過ごしましょう!

■エイプリルフールの起源

フランスでは新年を4月1日として祭りを開催していたが、1564年にフランス国王シャルル9世によって、1月1日を新年とするグレゴリオ暦が採用され、それに反発した人々が4月1日を「嘘の新年」として馬鹿騒ぎするようになり、エイプリルフールの風習になったというものである。

「嘘の新年」から始まったイベントだったのですね! エイプリルフールの起源には、他にも説があり、「インドの修行僧の習慣」や「キリストがユダのウソで裏切られたのを忘れないため」などがあります。

■嘘をついていいのは、午前中だけ?

イギリスの一部の地域では、実際にこのルールが適用されているようです。しかし、これが日本で正式なルールになっているわけではなく、「なんとなく午前中だけ?」と、あいまいになっている状況です。
と、言っている人もいますが……。

■午後はネタばらし?

こちらも明確なルールにはなっていないようですが、「午前中に嘘をついて、午後はネタばらし」という流れが徐々に定着しているみたいです。

■ついた嘘は1年間実現しない?

これはジンクスですね。「びっくりする内容=実現するのが難しい」って解釈されたからでしょうか? でも、「一生叶わない」という説もあるので、ジンクスとはいえ「彼氏ができた」とか「結婚します」という嘘は控えた方が良さそう。

他にも、人を傷つけたり、不愉快にさせたりする嘘はNGなど、マナー的なルールもあります。エイプリルフールは1年に1度、嘘を楽しめる日です。思わずクスッと笑ってしまうような嘘や、ほっこりする嘘で楽しめたら良いですね!

(やまかわきよえ+ノオト)

関連記事