ベッドの中ではノーリアクション。そんな女子にもできる、彼を喜ばせるための工夫

ベッドの中ではノーリアクション。そんな女子にもできる、彼を喜ばせるための工夫

OZネタ 【コラム】 エッチ
リアクションを大きくしたほうが、彼の気持ちは盛り上がるのかも・・・と思いながらも、ベッドの中では恥ずかしい気持ちが強くて、どんな反応をしたらいいのかわからない。

「ベッドの中で女性が恥ずかしがる姿は背徳感を感じさせ、男性が興奮する材料となりますので、決して悪いことではありません」と、幸せなラブライフを提唱するOLIVIAさんは言う。

「あっけらかんとすべてをさらけ出してしまうと、彼があなたとのセックスに慣れてしまうのも早くなります。長いお付き合いを考えたいのなら、露出やリアクションは控えめに、恥じらうくらいからスタートするのが、ちょうどいい塩梅です」(同)

恥じらう表情や仕草は男性をそそるものだけれど、まったくリアクションをしない “マグロ”状態はもちろんNG。OLIVIAさんによると、恥ずかしがり屋ならではの“男性がそそる演出”があるそう。

「目を合わせると、恥ずかしさがつのるはず。まずは、彼の首筋や耳元に自分の顔がくるようにハグをしましょう。この姿勢なら小さな声でも彼に反応が伝わります。そして気持ちいいタイミングで彼をギュッと抱きしめることで、彼にリアクションも伝えましょう。このふたつはハードルが低いので実践しやすいと思います」(同)

恥ずかしく感じている人の中には、自分が彼にどう見られているのか心配、という気持ちを強く抱いている場合も。そんなときにはお酒の力を少しだけ借りるのも一手だそう。

「多少、理性を忘れた状態のほうが、セックスに没頭しやすい人もいるでしょう。3回に1度くらいはお酒の力を借りることで大胆にふるまって、次第にそんな自分に慣れるのもいいかもしれません」(同)

女性が恥ずかしさを乗り越えていく姿を見るのも、男性にとっては付き合うからこその醍醐味かも。

関連記事