超裏技! ◯◯でフレンチトーストを作ると誰でも料理上手に

超裏技! ◯◯でフレンチトーストを作ると誰でも料理上手に

カフェを超えちゃうかも?
食パンやフランスパンで作るとおいしいフレンチトースト。それをみなさんお馴染みのあれで作ると、すごくおいしいとSNSで話題になっています。

あれの正体はランチパック! 中にあらかじめ具材がサンドされていて、味のバリエーションもたくさんあるランチパックなら、その日の気分に合わせていろんな味のフレンチトーストを楽しむことができます♪ ランチパックはピーナッツやチョコレートなどのスイーツ系と、ツナマヨやたまごなどの総菜系の2系統が商品展開されています。スイーツ系がおいしいのはもちろんですが、砂糖控えめに作る総菜系もおいしそう! では、さっそく作ってみましょう☆

■ランチパックフレンチトーストを作ってみた

準備したランチパックは「カスタード」と「チーズ&カレー」の2つ。ランチパック1つにつき、牛乳50cc、卵1個、砂糖小さじ2(砂糖はカスタードで使用)です。
まずはチーズ&カレーから。平らな皿やバットに卵を割りほぐして、牛乳を入れ混ぜ、ランチパックを浸します。
スプーンで上からかけると、全部浸らなくても染みさせることができますよ。10~15分程度つけると程良く染みこみます。
全体に卵液が染みたらフライパンへ。弱火で焼いていきます。焦げやすいので注意してくださいね。
焦げ目が付いたらひっくり返し、反対面も焼きます。トッピング用のウィンナーも同時に焼いちゃいます☆
両面焼けたら完成! ウィンナーと一緒にいただきます♪ ん~~~~、おいしい! ふわふわスクランブルエッグをカレーにトッピングしたみたいなイメージですね。総菜系フレンチトースト、アリです! これなら、甘いもの苦手な彼も気に入りそう。
砂糖を加えた卵液を使い、同様の手順でカスタード味も作りました。トッピングにはブルーベリージャム♪ こちらも、おいしくないわけありません! おしゃれカフェで出てきそうな味ですよ。お好みのフルーツをたっぷり乗せてもおいしそうです。

手軽にランクアップした味が楽しめるランチパックフレンチトースト。おもてなしメニューにも使えそうです。コンビニ食材でパパッと作れるのもうれしいですね♪ まずは今度のお休みのブランチに作ってみてはいかがでしょうか?

(田中いつき+ノオト)

関連記事