今さら聞けない!? お彼岸って何をする日?

今さら聞けない!? お彼岸って何をする日?

お墓参りに行ってみよう!
今年の3月20日は春分の日。実際には昼のほうが若干長いようですが、『昼と夜の長さが同じになる』とされている日です。そしてもう1つ、『お彼岸の中日』でもあるのです。

そこで問題です。お彼岸とは何をする日でしょうか。あなたはしっかり答えられますか? 今回は、知っているようで意外と知らない彼岸について紹介します。

■お彼岸っていつ?

お彼岸とは、毎年「春分の日」と「秋分の日」を中日として、前後3日間を合わせた7日間のことをさします。お彼岸に入る日のことを「彼岸入り・彼岸の入り」といい、お彼岸が終わる日のことを「彼岸明け・彼岸の明け」といいます。

お彼岸の中日である春分の日と秋分の日は日付で決まっているわけではないため、お彼岸の時期(彼岸入り・彼岸明け)も確定しているわけではありません。

今年の春のお彼岸は、3月17日(木)が彼岸入り、3月23日(水)が彼岸明けとなります。春分の日と秋分の日は変動するので、他の祝日と違い特殊ですね。

■お彼岸にお墓参りするのはなぜ?

お彼岸の中日である春分の日の意味が「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、秋分の日が「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」という意味をもち、昔から先祖崇拝や豊作に感謝してきた日本らしい文化が影響しているのでしょう。

お墓参りは、仏教国の中でも日本だけの独特の文化だそう。祖先を大事にする気持ちが強いところは、日本らしさを感じます。

■お彼岸とお盆の違いは?

「お彼岸」と「お盆」を分けるキーワードは「ご先祖様」です。
端的に言えば、お盆にはご先祖様があの世から一時的に帰ってきますが、お彼岸では帰ってきません。したがって、お墓参りなど供養の意味も異なってきます。

お彼岸もお盆も、先祖を供養するだけだと思っていましたが、違いがあったんですね。お盆の時に炊く迎え火や送り火もその1つで、それらはお盆に帰って来る先祖をもてなすためのもの。お彼岸はあの世とこの世がもっとも近付く日とされ、先祖にお参りし、感謝を伝える日のようです。

■「ぼたもち」と「おはぎ」ってなにが違うの?

お彼岸のお供えといえばおはぎが有名ですが、ぼたもちとどう違うのでしょうか?

「おはぎ」の語源は、秋の花「萩」から来ている。→萩の餅、御萩餅→御萩(おはぎ)。
「ぼたもち」の語源は、春の花「牡丹」から来ている。→牡丹餅(ぼたんもち)→ぼたもち。

季節や形、作り方など、呼び方を変えているといわれる説はいくつかありますが、呼び名が違うだけで、実は同じ食べ物なんですね。

お彼岸は日本文化に根強い行事の1つです。今までなんとなく過ごしていた方も、今年のお彼岸はお墓参りに行ってみてはどうでしょうか?

(やまかわきよえ+ノオト)

関連記事