そんな意味なの!? ホワイトデーのお返しに込められた彼の本音

そんな意味なの!? ホワイトデーのお返しに込められた彼の本音

3倍返しもうれしいけれど……
もうすぐホワイトデー! バレンタインに彼に贈り物をした女子は、お返しが楽しみですよね。バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は、日本が発祥という話はよく知られていますが、このホワイトデーも日本が発祥だってご存知でした?

■ホワイトデー誕生の背景

バレンタインのお返しに、主に男性から女性へスイーツを贈るホワイトデー。実は日本をはじめ、韓国や台湾、中国の一部でしか、その存在は知られていません。発祥自体は、日本と考えられるのですが、その由来については諸説あります。というのもホワイトデーの起源を名乗る製菓会社や団体が複数存在するため、正確にどこから始まったのかを調べるのが困難なんです。

そんなちょっと生々しい背景をもつホワイトデーですが、現在では一つのカルチャーとして、しっかりと日本に根付いています。そして、いつしか「ホワイトデーのお返しには、スイーツごとに意味がある」なんて話も……。男性は気にする人は多くはないかもしれませんが、受け取る側の女性はやっぱり気になっちゃいますよね。いったいどんな意味があるのでしょうか?

■クッキー

甘すぎず、さっくりとした歯ごたえのクッキー。その意味は「友だちのままで」と言われています。

■キャンディー

長い時間、口の中に残ってくれる甘ーいキャンディー。ホワイトデーのお返しとしても定番なスイーツに込められた本音は「あなたのことが好き」。

■マシュマロ

ふわふわとした食感で、口に入れるととろけるようになくなってしまうマシュマロ。多くの場合、「あなたのことが嫌い」という意味を持つと言われていますが、その反面「あなたの愛を包み込む」という愛情を受け入れる意味もあるそうですよ。

■マカロン

他のスイーツに比べて、価格や味もワンランク上のイメージがあるマカロン。そんなイメージ通り、込められた思いは「あなたは特別な存在」。こんな意味があるって知ると、もらったらなんだかドキドキしちゃいますよね。

いかがでしたか? もちろん、何の気なしに「お礼」や「愛情」表現として、本当に食べてもらいたいスイーツを贈る男性はたくさんいるので、遊び感覚で参考にしてみてね。ちょっと気になるホワイトデーのお話でした♪


(目良シンジ+ノオト)

関連記事