3連休は鈍行で女子旅はいかが? 「青春18きっぷ」のススメ

3連休は鈍行で女子旅はいかが? 「青春18きっぷ」のススメ

楽しみも交通費もシェア♪
あくせくした日々から解放されたい! と思って休暇を取ったのに、スケジュールを詰め込みすぎて逆に疲れちゃった……なんてことありますよね。そんな方におすすめしたいのが「青春18きっぷ」でのゆったり女子旅です!

■青春18きっぷとは

JR線の普通列車や快速列車の普通席、一部のフェリーやバスなどが1日乗り放題になるきっぷ。「青春18」となっていますが、年齢を問わず誰でも使うことができます。1枚につき5日分利用することができるので、1人で5日分使っても良し、5人で1日使っても良し。自分たちの旅のスタイルに合わせて使い方を選ぶことができる夢のようなきっぷなんです!

そんな青春18きっぷですが、いつでも使えるわけではありません。毎年春季・夏季・冬季に販売期間と利用期間が設けられ、その期間内でなければ購入・利用することはできません。ちなみに平成28年のスケジュールはこんな感じ。

●春季
発売期間:2月20日(土)~3月31日(木)
利用期間:3月1日(火)~4月10日(日)

●夏季
発売期間:7月1日(金)~8月31日(水)
利用期間:7月20日(水)~9月10日(土)

●冬季
発売期間:12月1日(木)~12月31日(土)
利用期間:12月10日(土)~平成29年1月10日(火)

主に学生が長期休みに入る時期に販売されるので、これなら期間が限定されていても利用しやすいですよね! 価格は大人も子どもも11,850円。1日当たり2,370円で使える計算です♪

■鈍行旅行ってどうなの?

筆者が青春18きっぷを利用して、東京から香川県まで旅をした時の経験をもとにお話すると、目的地にすぐに着く新幹線と違い、青春18きっぷでの旅行は「移動の時間も楽しむ旅行」です。

鈍行で長距離を移動する場合、始発から終点まで乗ることが多いので、座りながらゆったりと旅を楽しむことができます。移動中は友人たちと話をしたり、旅の予定を考えたり、疲れたら寝てみたり。電車を乗り継ぐにつれて、だんだんと変化する窓の外の様子を、ぼーっと眺めながら電車に揺られてみるのも良いものですよ。青春18きっぷは1日乗り降りし放題なので、乗り継ぎで時間が空いた時には、ぶらりと駅の外を散策してみるのもアリ! 

特に筆者の印象に残ったのは「人の変化」。話している言葉や電車の乗り方、部活帰りの学生さんの様子など、目的地に進むにつれて、だんだんと変化する人の様子を楽しむことができるのは鈍行ならではの旅の楽しみです。

ちなみに、東京駅から香川県の県庁所在地「高松」駅までは、鈍行でも頑張れば1日(2,370円)でたどり着くことができます。同じ経路でも新幹線を利用すると約17,000円、通常の鈍行料金でも11,300円ほどかかってしまうので、青春18きっぷがどれだけお得なきっぷなのかおわかりいただけたでしょうか!? 

ちなみに、今年3月26日の北海道新幹線の開通に合わせて「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」も発売されますよ。発売時期は青春18きっぷと同期間。価格は2,300円です!

毎日忙しい日々を過ごしている人は、青春18きっぷでゆったりとした旅を楽しんでみてはいかが?


(目良シンジ+ノオト)

関連記事