東京ディズニーランドに『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を楽しむ特別版が登場

東京ディズニーランドに『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を楽しむ特別版が登場

OZネタ 【おでかけ】 イベント
SF映画の好きな女子にとってバイブルともいえる映画『スター・ウォーズ』シリーズ。2015年12月、10年ぶりの最新作公開に世界中が盛り上がったニュースは記憶に新しいところ。

そんな『スター・ウォーズ』シリーズの世界が体感できる「東京ディズニーランド(R)」の人気アトラクション「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」は、2016年2月2日(火)から9月7日(水)まで、シリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のシーンを加えたスペシャルバージョンを実施中。

「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」は、上下左右に動くライドシステムによって、実際に飛んでいるような感覚を楽しめるアトラクション。体験時間は約4分30秒で、迫力のある3D映像がさらに臨場感を高めてくれる。
アトラクション会場には、整備のスペシャリスト「R2-D2(アールツー・ディーツー)」や金色の通訳用ドロイド(ロボット)「C-3PO(シー・スリーピーオー)」、未来の世界をイメージしたパイロン(塔)など、映画に登場するキャラクターやアイテムが盛りだくさん。アトラクションを体験する前からテンションが上がるかも。

スペシャルバージョンのストーリーは、星間旅行会社「スター・ツアーズ社」が主催する宇宙旅行に参加したゲストが、帝国軍と反乱軍の戦いに巻き込まれるというもの。最新型の宇宙船「スタースピーダー1000」に乗り込んだら、宇宙旅行のヒロイン気分が味わえそう。
「フィン」
おなじみのキャラクターだけでなく、最新作に登場した新キャラクターに会えるのも、スペシャルバージョンならでは。例えば、ダースベイダーに仕える帝国軍の兵士(ストームトルーパー)でありながら戦うことに疑問を持つ脱走兵の「フィン」などが3D映像に登場する。

通常は、複数の映像がランダムに選ばれるけれど、期間中は一部のシーンが最新作のものに差し替わるので、ゲストが必ず新キャラクターに会えるようになっているとか。
左:「BB-8 クーラー」1500円 右:「ダ-クサイド」1300円
また、2016年2月2日(火)から3月31日(木)までの期間は、ディズニーアンバサダーホテル「ハイピリオン・ラウンジ」で、「スペシャルノンアルコールカクテル」を提供する。新キャラクターのボール型ドロイドBB-8(ビービー・エイト)」にそっくりな、洋ナシのソルベが乗った「BB-8 クーラー」(1500円)や、アイスコーヒーがベースの「ダ-クサイド」(1300円)など、ライドの後に楽しみたいメニューがいただける。

3月18日(金)までの期間限定で、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』デザインを取り入れた、オンラインで購入できる「ディズニーeチケット・パスポート」やディズニーリゾートラインのフリー切符なども販売される。

体験できるストーリーはどれも1話完結の分かりやすいもので、シリーズのファンはもちろん、まだ観ていない女子でも楽しめるというから、この機会に期間限定のスペシャルな宇宙旅行を体感しよう。

(D)Disney(C)&(TM)Lucasfilm Ltd.

関連記事